マックス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペンは、最終戦F1アブダビGPでドライバーズ選手権4位獲得を目標に定めている。

現在、マックス・フェルスタッペンは、4位のセバスチャン・ベッテルに5ポイント差の5位につけている。

チームメイトのダニエル・リカルドは3位を確定されており、マックス・フェルスタッペンは、レッドブルの二人がフェラーリを倒すことが目標だと述べた。

「とにかく良い結果を出すために頑張るよ」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「僕はまだチャンピオンシップ4位を争っているし、それを手に入れられることを願っている。トラックが僕たちのクルマに合っているといいけど、まだどのような展開になるか見て見なければならない。でも、かなり自信はあるよ」

今年、セバスチャン・ベッテルはマックス・フェルスタッペンといくつか意見の相違があったが、マックス・フェルスタッペンは彼との関係は“良好”だと語る。

「メキシコの後も電話で話したし、僕たちは多くのことをクリアにしたと思うし、それは素晴らしかった。関係は良好だし、問題はないと思う。いいや、悪い感情はまったくないよ。結局のところ、僕たちはレーシングドライバーだし、そのようなことは素早く乗り切っていける」

マックス・フェルスタッペンは、F1史上最年少ウィナーだが、セバスチャン・ベッテルは23歳で最年少ワールドチャンピオンの称号を保持して得いる。

他の記録を破ることを目標にしているかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「いいや、まったく考えていない」とコメント。

「とにかく成り行きを見守るだけだ。ちょっとした運も必要だし、そのようなことを達成するに正しいクルマに乗っている必要がある。今後何が起きるかは成り行きを見守るしかない。毎年、毎レースで出来る限りの仕事をしていくだけだ」

関連:2016 F1アブダビGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | レッドブル | F1アブダビGP