エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルが、2015年に日産からWEC世界耐久選手権に参戦するのではないかと噂されている。

昨年後半、エイドリアン・スーティルはザウバーと2015年の契約を結んでいたが、ザウバーは2015年のドライバーとしてフェリペ・ナスルとマーカス・エリクソンと契約。スーティルは法的措置をほのめかしていた。

だが、それ以降、エイドリアン・スーティルにとっては静かな冬のシーズンとなった。

エイドリアン・スーティルは、ハースF1のドライバー候補に挙げられているが、ハースの2016年のF1参戦にむけて準備を整えている段階。

Blick の記者ロジャー・ブノワは、2015年にグリッド復帰を目指すマノー(元マルシャ)もエイドリアン・スーティルのオプションだとしつつ、「エイドリアン・スーティルは、日産とともに世界耐久選手権に参戦するのを好むだろう」と述べた。

日産は、FF駆動のNissan GT-R LM NISMOで、今年からLMP1クラスで、トヨタ、アウディ、ポルシェに挑む。

日産は、3015年のル・マンに3台、9名のドライバー体制で挑むが、まだ2つのシートが空いている。

最近、エイドリアン・スーティルは「何をするつもりかについて話すことができない」とコメント。

「でも、F1以外のカテゴリーがあるのも事実だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エイドリアン・スーティル | ル・マン24時間レース | WEC (FIA世界耐久選手権) | 日産