アントニオ・ジョビナッツィ
ザウバーは、2017年最初のプレシーズンテストで、負傷したパスカル・ウェーレインの代役として、フェラーリのリザーブドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィを起用することを発表した。

今シーズン、ザウバーに新加入したパスカル・ウェーレインだが、1月のレース・オブ・チャンピオンズのクラッシュで背中を負傷し、テスト参加にドクターストップがかかった。

2月27日(日)からバルセロナでスタートするプレシーズンテストでは、ザウバーの新車C36をマーカス・エリクソンとアントニオ・ジョビナッツィが走らせることになる。

アントニオ・ジョビナッツィは、フィオラノで2年落ちのフェラーリをテストしているが、現在のF1マシンをドライブするのは初めてとなる。

ザウバーのチーム代表モニーシャ・カルテンボーンは「バルセロナの1回目のテストではパスカルは走らないという決定をしました。我々は彼の医学的な進捗をモニターし、次のステップを決定したいと思います」と述べた。

パスカル・ウェーレインは「1回目のテストデーでクルマに乗れないのは残念だ。でも、チームの手順に慣れて、コース上のザウバー C36 フェラーリもフォローしたいので、バルセロナには行くよ」とコメント。

アントニオ・ジョビナッツィは「これを実現してくれたザウバーに感謝しているし、バルセロナで1回目のテストでパスカルに代わることを許してくれたフェラーリにも感謝している」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ザウバー | アントニオ・ジョビナッツィ