ホルヘ・ロレンソ
3度のMotoGPチャンピオンであるホルヘ・ロレンソは、現在のMotoGPは“モータースポーツで最も素晴らしいショー”だと信じてるが、それもF1から多くのことを学べると考えている。

2008年からMotoGPに参戦しているホルヘ・ロレンソは、2010年、2012年、2014年にヤマハとタイトルを獲得。彼の世代では最も偉大なライダーのひとりだと考えられている。

ホルヘ・ロレンソは、10月にメルセデスの2014年F1マシン『W05』をシルバーストーンでテストしている。

ホルヘ・ロレンソは、MotoGPとF1はより良いシーズンになるためにお互いから学ぶことができると確信していると Crash.net に述べた。

「F1はトラックでMotoGPから学べるし、MotoGPはトラック外でF1から学ぶことができる。シンプルなやり方でね」とホルヘ・ロレンソはコメント。

「僕は現在MotoGPがモータースポーツで最も素晴らしいショーだと思っている。F1よりもはるかにスペクタクルだし、楽しい」

「でも、F1パドックはとても洗練されているし、あまり人が多くない。それはドライバーにとってとても良いことだ。彼らはパドックを自由に歩くことができる」

「MooGPのパドックは以前のようには歩けなくなった。とても多くの人がいるからね。自分のピットボックスからモーターホームに直行しなければならない」

「パドックで過ごす時間はまったくない。不可能なんだ。ファンに写真を撮られることなく1メートル歩くことはできない」

「F1チームはスポンサーに関してもプロフェショナルだ。スポンサーも違う。MotoGPよりも注目を浴びる」

「なので、言ったように、F1はトラックでMotoGPから学ばなければならないし、MotoGPはトラック外でF1から学ばなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: MotoGP