マクラーレン ハイパーGT
マクラーレンは、3シーターの新型スーパーカー「ハイパーGT」の開発計画を明らかにした。

“BP23”というコードネームで開発が進められているハイパーGTは、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズが製造し、2019年の発売を予定している。

価格はおよそ2億8000万円になると予想されている。

ハイパーGTは、“マクラーレンF1” へのオマージュとして製造され、3シーター、ディヘドラルドア、ルーフのシュノーケルという際立ったデザインを多く引き継ぐが、後継モデルではなく、新型モデルとして告知されている。

パワートレインは、3.8リッター V8ツインターボに電気モーターとバッテリーが接続されたハイブリッドを搭載し、700bhp以上のパワーを発揮するという。

マクラーレン・オートモーティブのマイク・フルーウィットCEOは「ハイパーGTは、長距離移動のために設計されつつも、マクラーレンらしい高いパフォーマンスレベルとクルマとの一体感が楽しめる」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン