マクラーレン F1
マクラーレンのエグゼクティブディレクターに就任したザク・ブラウンは、2020年までにF1世界選手権を制することを目標に掲げている。

アメリカのビジネスマンであるザク・ブラウンは、11月末のロス・ブラウンの退任劇の後、マクラーレンに加入した。

マクラーレンは、2008年にルイス・ハミルトンがドライバーズタイトルを獲得して以降、タイトルから離れており、グランプリの優勝も2012年が最後となっている。

また、2013年末にボーダフォンが離れて以降、マクラーレンにはタイトルスポンサーがついておらず、ザク・ブラウンの商業面の強みは、マクラーレンにとって重要だった。

ゴールは、商業的なプロフィールを押し上げてマクラーレンを売る準備をすることかと質問されたザク・ブラウンは「それは株主が決めることだ」と Financial Times にコメント。

「私は今後10年間マクラーレンのユニフォームを着てグランプリにいることになっても驚かないだろう」

ザク・ブラウンは、マクラーレンでの目標は“この10年が終わる”までに再びワールドチャンピオンを獲得することだと述べた。

マクラーレンは、役員のエクレム・サミの離脱、そして、8月にチームにCEOとして加入したばかりのヨースト・カピートも離脱するとされており、大きな変革期にある。

ロン・デニスは、株主による“偽り”の根拠でマクラーレンを追い出されたと主張しているが、ザク・ブラウンは両者間にあった“トラブル”を秘密にはしない。

「それを理解するのにロケット工学者は必要ではない」とザク・ブラウンはコメント。

「私は慎重に自分のスペースをキープしてきたし、全ての株主が望んでいるのはワールドチャンピオンだということをわかっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン