F1ドライバー
フェリペ・マッサは、ジュール・ビアンキの死が現在のF1ドライバーの結束を強めたと考えている。

25歳のジュール・ビアンキの死は、1994年のアイルトン・セナ以来のレースでの事故が直接的な死因となった出来事だった。

ジュール・ビアンキと同じニコラス・トッドがマネージャーを務めるフェリペ・マッサは、特にジュール・ビアンキに近い存在だった。

「このような出来事があり、ドライバーたちはより近くなっている。結束はより強くなっている」

「まずなにより、ビアンキに起こったことはスポーツ界にとって非常に悲しい出来事だった。トラクターと衝突するという普通のクラッシュではなかった。結果として、バーチャルセーフティカーのような多くのことが変わった」

「でも、それだけでなく、ジュールは素晴らしい友人でもあった。僕たちはいつもお互いに目を向けていたし、通常ドライバー間にあるような友好とは非常に異なるものだった」

「本当に悲しかったし、F1にとっては、ドライバーの安全のために戦い続けることも理由のひとつだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェリペ・マッサ | F1ドライバー | ジュール・ビアンキ