ロバート・クビサ
元F1ドライバーのロバート・クビサは、ムジェロ12時間でサーキットレースに復帰するが、今のところは1回限りの参戦だと述べた。

ロバート・クビサは、3月18〜19日にムジェロで開催されるCreventicの24時間シリーズのイタリアラウンドでWRCドライバーのマーティン・プロコップとMP-Sportsチームのメルセデス SLS GT3を走らせる。

ロバート・クビサがサーキットでレースをするのは2010年のF1アブダビGP以来となる。

2011年のラリー事故で腕に重傷を負ったロバート・クビサは、戦いの場をWRCに移していた。

「平坦な道のりではなかった過去3シーズンの戦いの後、レースに戻ることを楽しみにしている」とロバート・クビサはコメント。

「数週間前にチームから連絡があり、彼らの初参戦を助けることに決めた」

「マーティンはWRCからの友人であり、彼のチームはとても良く知っている」

「僕にとってGT3カーは初体験になる。このチャレンジを楽しみにしている」

「現時点では、サーキットでマーティンとチームを助けるための1回限りのイベントだ」

「チームとして僕たちの初参戦ではあるけど、僕たちは良い結果を出せると確信している」

「多くのトップマシンとトップGTドライバーが参戦している。彼らを倒すのは難しいだろうけど、ベストを尽くすつもりだ」

モンテカルロでのWRCをクラッシュで終えたロバート・クビサの2016年の残りのプランは現在不確定となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロバート・クビサ