ニック・ハイドフェルド
ニック・ハイドフェルドは、F1を非常に恋しく思っていることを認めた。

2000年から2011年までF1で185戦に出走したニック・ハイドフェルドだが、今はル・マンのプロトタイプで世界耐久選手権に参戦している。

ニック・ハイドフェルドは「F1がものすごく恋しい」と Heilbronner Stimme にコメント。

「本当に究極のカテゴリーだからね。良いマシンに乗ってみたかった」

ニック・ハイドフェルドは、グリッドに並ばないことで“唯一気分がよい”ことは、家族と過ごす時間が増えたことだと述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニック・ハイドフェルド