ニック・ハイドフェルド
ニック・ハイドフェルドは、決してF1キャリアを諦めたわけでない。

F1での優勝経験はないニック・ハイドフェルドだが、2000年以降13回の表彰台獲得し、ウィリアムズ、ザウバー、そして近年では2011年にルノー(現ロータス)からF1に参戦していた。

しかし、現在ニック・ハイドフェルドは、スポーツカーの耐久レースに参戦しており、ハイドフェルド自身もF1キャリアが終わったと認めているかのような印象だった。

「そう思うだろうけど、そうじゃない」とニック・ハイドフェルドは Auto Motor und Sport に主張。

「もちろん、場所を見つけるのは簡単なことではないし、そうでなければすでにそこにいるだろう。スポーツカーでかなり楽しんでいるし、将来がどうなるかは待つしかない」

ニック・ハイドフェルドは、少なくとも2012年はF1ドライバーではないことを受け入れるのが「非常に難しかった」と認める。

しかし、まだ熱心なファンであり、5人の勝者が生まれている今シーズンについて「信じられないね」と熱く語った。

「チームでさえも、何が起こっているのかあまりわかっていないと思う。視聴者側にとっては最高に楽しいし、多くのチームが自分達にも良いチャンスがあるってわかっているだろう」

「レッドブルや多分マクラーレンしか勝てず、他のチームはそれより下のポジションを争ってここ数年とは違う」

またニック・ハイドフェルドは、大きな話題を呼んだミハエル・シューマッハのピレリタイヤへの批判についてもコメントした。

「彼は普通よりちょっと不満を述べていたし、他の誰かが言うよりも常に激しく料理される」

「もちろん、一人のドライバーとして常により良いタイヤを求めるものだけど、常に状況に合わせなければならない。うまくいくときもあれば、そうでないときもある」

最後に2012年は誰がチャンピオンを獲得するかと質問されたニック・ハイドフェルドはシンプルに「ルイス・ハミルトン」と答えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニック・ハイドフェルド