フォース・インディア VJM10
フォース・インディアは、2017年F1マシン『VJM10』を発表した。

フォース・インディアは22日(水)、シルバーストーンで新車発表会を開催。ドライバーを務めるセルジオ・ペレスと新加入のエステバン・オコンが新車『VJM10』のアンベールを行った。

VJM10は、フォース・インディアが2008年に参戦を開始してから10台目となる区切りのマシン。

フォース・インディア VJM10は、前年モデルでも採用していた“鼻孔ノーズ”がさらに進化。一見すると“アリクイノーズ”のように見えるが、鼻孔の穴が拡大されている。エンジンカバーにはシャークフィンが備えられている。

また、VJM10のリアウィングとドライバーのレーシングスーツの胸スポンサーは、スミノフからジョニー・ウォーカーに変更されている。

フォース・インディア VJM10

Force India VJM10VJM10

フォース・インディア VJM10:衝撃の新・鼻孔ノーズ
フォース・インディア VJM10:衝撃の新・鼻孔ノーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フォース・インディア | F1マシン