カルロス・サインツ
カルロス・サインツは、レッドブルへの昇格をF1キャリアをかけて待つことはできないと語る。

カルロス・サインツは、今年序盤に新たに契約を結び、2017年末までトロ・ロッソに残ることが決まっている。だが、レッドブルは現行ドライバーのダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンと2018年末までの契約を結んでいる。

カルロス・サインツの目標はレッドブルに昇格することだが、2年以内にシニアチームがシートをオファーできる状態にないのであれば、F1キャリアを続けるために他に居場所を探す必要があるだろうと認める。

「残念ながら、彼らは今の二人にとても満足しているようだ。確かに、何かあった場合に備えて僕のようなサードドライバーを確保しておくことはいいことだと思うけど、レッドブルのオプションとして人生を捧げるわけにはいかない」

「それは彼らも理解してくれているし、わかってくれているはずは。良いベースを築いて、レッドブルが僕を起用してくれるようにするためにも来年が重要な年になる。そうなれば最高だけど、そうならなかったら、サードドライバーとして一生を過ごすわけにいかないことは彼らも理解してくれると思う」

レッドブルは、カルロス・サインツを2017年以降も保持するオプションを有している。しかし、カルロス・サインツは将来について自ら伝えることになると予想しており、他に有効な選択肢が訪れた場合はレッドブルが彼を止めることはないだろうと考えている。

「もちろん、オプションを行使するかどうかは彼ら次第だけど、トロ・ロッソにもう1年とどまりたいかどうかを決めるのは僕の選択肢でもある。結局、僕が高い目標を持っていることは彼らもきちんと理解してくれているし、2018年に向けて重要な目標があることもわかってくれているので、話し合っていくことになるだろう」

「レッドブルは厳しいところだけど、基本的にはフェアに考えてくれる。だから、レッドブルのシートに僕が必要だと言ってくれれば僕も心から喜んで行くけど、そうでなければ、ソリューションを見いだすために公平に考えてくれるはずだ」

「人生の全てがそうであるように、そして、どのF1ドライバーの契約もそうであるように、彼らが望めばオプションを行使することはできる。でも、僕自身も重要な役割を担っているし、僕自身が決めていくことでもある。彼らがすべてというわけではない」

今シーズン、30ポイントを獲得してドライバーズ選手権12位につけているカルロス・サインツは、2017年シーズンに力強い結果を出してレッドブルに印象づけられるためにも、トロ・ロッソが競争力の高いパッケージを提供してくれることを願っていると語る。

「僕が彼らをプッシュしているようにみんなでプッシュし合っている。来年は競争力の高いパッケージでコンペティティブなマシンに乗りたい。競争力の高いパワーユニットもほしい。力強いレースを戦って、しっかりと結果を残せるように、何よりもレッドブルに良いイメージを抱いてもらえるようにね」とカルロス・サインツはコメント。

「トロ・ロッソが今よりも上位グリッドに並べるようになることはレッドブルにとっても良いことだと思う。5番手チームになることはレッドブルにとっても良いことのはずだ」

「今年もそれができるマシンがあると信じているけど、パッケージ全体ではない。来年は1年を通して全てのレースでポイントを争えるパッケージを持てるはずだ」

「多くの人がステップアップを目指している。僕はそのリストのトップにいたい」

カルロス・サインツには、2017年のドライバーとしてルノーからオファーがあったが、レッドブルが阻止したことを父親が明かしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: カルロス・サインツJr. | トロ・ロッソ