セバスチャン・ブエミ
セバスチャン・ブエミは、2015年もレッドブルのリザーブドライバーとしてチームに留まる。

セバスチャン・ブエミ(28歳)は、2011年の終わりにトロ・ロッソのF1シートを失って以来、レッドブルのメインテストドライバーおよびシミュレタードライバーを務めてきた。

今年、セバスチャン・ブエミは、トヨタのドライバーとしてアンソニー・デビッドソンと組んで挑んだWEC世界耐久選手権でチャンピオンを獲得したのに加え、フォーミュラEにも参戦し、前戦ウルグアイでは優勝している。

しかし、レッドブルのダニエル・リカルドやダニール・クビアト、そして、おそらくトロ・ロッソのドライバーたちが2015年シーズン中にレース不能になった場合、その代役として最初に考えられるのは来年も引き続きセバスチャン・ブエミとなる。

セバスチャン・ブエミは「人は同僚の不運を祈ったりなんかしない。僕はシミュレーターでの作業を楽しんでいるというのが真実だ」と Blick にコメント。

「僕がさらに2年の契約を結んだのはそれが理由」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ブエミ | トロ・ロッソ