フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、まだ2010年にタイトルを獲得できると信じている。

フェラーリは、バレンシアとシルバーストンにアップデートを投入してパフォーマンスを向上させたが、結果には結び付かなかった。

イギリスGPを14位でフィニッシュしたアロンソだが、レース後の無線で「みんな顔を上げろよ。僕たちはチャンピンシップに勝てる」とチームに語りかけた。

イギリスGPでファステストラップタイムを記録したアロンソは「うまく行っていないし、難しくなるだろうけど、僕は優勝を信じている」と AS にコメント。

「チャンピオンシップの半分が終わったけど、クルマは良くなっている」

「去年のポイントシステムなら僕は18ポイント差だし、誰もが逆転可能だと言うだろう」

「シルバーストン前は、チャンピオンシップ争いができるかもしれないと考えていたけど、バレンシアでの進化直後は、マシンが正しいことをチェックしなければならなかった」

「マシンは速いことがわかったし、金曜日の走行を考えれば、チャンピオンになるチャンスは増えたと思う」

フェラーリのチーム代表ステファノ・ドメニカリは「F10の開発を継続する」と認めている。

「チャンピオンシップの状況が複雑なのは確かだが、我々はまだタイトル争いができると信じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | フェラーリ