角田裕毅 「F1ペナルティポイントの蓄積を止めなければならない」
アルファタウリF1の角田裕毅は「愚かな行動をできるだけ少なく」しようとしている一方で、それらから学んでいると語った。

角田裕毅は、5回目の戒告処分を受けたことでF1イタリアGPで10グリッド降格ペナルティを科された。コースに出た瞬間に戒告処分はクリアされたが、FP2でイエローフラッグを無視したことで今後はペナルティポイントの加算という問題に直面した。

スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表であるフランツ・トストは「彼は自分の感情をコントロールする必要がある。FP2でイエローフラッグを無視するのは賢明ではない。もっと規律を持たなければならない」と語った。

角田裕毅には追加の3グリッド降格ペナルティとともに、2点のペナルティポイントが科せられ、累計点となった。そのうちの2点は11月14日に失効する。

12 か月のサイクルで 12点のペナルティ ポイントを受け取ったドライバーには、1 レースの出場停止処分が科せられる。

角田裕毅は、自分の「馬鹿げた」ミスを減らす必要があることを認識していると語る。

「少なくとも、戒告処分について考える必要はありません。もう消化しました」と角田裕毅はコメント。

「ペナルティポイントが8点ありますが、これからはしっかり戦えると思います」

「もちろん、愚かな行動をできるだけ少なくしようとしています。ですが、何かアクションを起こしてクラッシュした場合、そこから学ぶこともできます」

「でも、イエローでスピードを出すなど、不必要なことを何度かした。ペナルティポイントを貯めるのを本当にやめなければならなりません」

角田裕毅は、金曜日にイエローグラッグを無視したのは「誤解」だったという主張を繰り返した。

「私とエンジニアの間に誤解がありました。誤解した無線メッセージを受信しました」と角田裕毅は語った。

「通常、僕は自分でスピードを落としますし、イエローフラッグでのスピード違反で罰せられたことは一度もありませんでした。誤解が生じたので、速度を落とさなかったのです」

「でも、それはそれですし、僕の責任です。特にイエローフラッグでは、安全のために速度を落とさなければなりません。そこから学びました」

角田裕毅の8点というペナルティポイントはグリッド上の他のどのドライバーよりも多く、チームメイトのピエール・ガスリーが7点で続いている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / アルファタウリ