ウィリアムズF1を後援する香港の生命保険王 「F1への投資拡大を検討」
ドリルトン・キャピタルによるウィリアムズ・レーシングへの投資の背後にいると疑われている投資家で、香港の億万長者で生命保険王のカルビン・ローは、F1への投資を拡大する可能性があると語った。

ドリルトン・キャピタルは、2020 年にチームの創設者一族からウィリアムズF1チームを買収した。

当時の憶測では、生命保険仲介業者リー・インターナショナルの最高経営責任者であるカルビン・ローが、米国のプライベートエクイティ会社の投資の背後にいる人物であることが指摘されていた。

カルビン・ローはその憶測を否定も肯定もせず、ドリルトン・キャピタルを通じてウィリアムズと「何らかの接点」があることを認めたが、彼の投資レベルについての詳細は明らかにしなかった。

しかし、カルビン・ローは、最近のF1の目覚ましい成長がアジアの投資家の注目を集めていると述べ、F1への投資機会が検討されていると付け加えた。

「私も含め、多くの人がまだ他のチームや他の機会に目を向けている。というのも…一貫して優れたチームはあるが、彼らは適切な車を生み出すことができていない」とカルビン・ローはReutersに語った。

「現在、アジアには多くの流動性があり、それは驚くべきほどだ。次に耳にするニュースは…アジアのコンソーシアムが他のチームに投資しているかもしれない」

カルビン・ローは、彼や他の投資家が特定したF1への投資への潜在的な機会については明かさなかった。

ザウバー・モータースポーツはアウディへの売却を検討していると伝えられているが、フォルクスワーゲンの関連会社であるアウディは、ザウバーからF1チームを買収することに関心があることを公式には認めていない。

さらに、ハースF1チームは潜在的な買収ターゲットと見なされているが、マイケル・アンドレッティと買収計画について話し合う機会を何度も逃したと伝えられている。

アンドレッティは昨冬、ハースF1チームのチームオーナーであるジーン・ハースに言及し、「彼は今、私にそれを売りたがっていない」と語った。

「彼がそれを売りたいと思ったら、いつでも私に電話することができる。それは誰にとってもとても簡単なことだ」

カルビン・ロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ