ウィリアムズF1所属のジェイミー・チャドウィック 「アルボンの赤髪は真似したくない」
ジェイミー・チャドウィックは、ウィリアムズF1のチームメイトであるアレクサンダー・アルボンの髪の毛を赤く染めるという迷信にマネすることはないと語る。

「ウィリアムズの車が改良されたから? チームリーダーになったから? 経験を積んだから? ノー、赤髪のおかげだ」とシーズンの力強いスタートの主な原因についてアレクサンダー・アルボンは冗談めかして語るだろう。

アレクサンダー・アルボンの赤髪の迷信の起源は、オーストラリアGPとタイで子供たちのチャリティ団体への訪問にさかのぼりる。子供の一人は、アルボンの見栄えが良くなると判断して髪の毛を赤く染めた。その後、アルボンがメルボルンでほぼタイヤ無交換の驚異的な走りを見せてシーズン初ポイントを獲得。赤髪はとどまるように見えた。

しかし、2週間後、イモラでは染料が薄くなり、ノーポイントでラインを越えたことで、アレクサンダー・アルボンは本格的に髪の毛を赤く染めることを決断した。

真っ赤な髪の毛でマイアミグGPのトラックに到着したアレクサンダー・アルボン、9位で2ポイントを獲得した。

「アップグレードは必要ない。髪を染めるだけです!」とアレクサンダー・アルボンはレース後にSky Sport F1と冗談交じりに語った。

その後、アレクサンダー・アルボンは、チームメンバーとマイアミGPでポイントを獲得した場合には髪の毛を赤く染めることを賭けていたことを明らかにした。

「週末が始まる前に、今週末にポイントを獲得したら、チーム全体が髪を赤く染めるという話をしていた」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「でも、エンジニアリングルームに行ったら、全員が『いやいや、表彰台だよ』と撤回しはじめたんだ。僕は『いやいや、違うでしょう!』という感じだったね」

しかし、ウィリアムズF1の開発ドライバーであり、Wシリーズの2回のチャンピオンデアルジェイミー・チャドウィックは、髪の毛を痛めたくないと語る。

マイアミで開催されたWシリーズのオープニングレースの両方で優勝し、週末を成功させたジェイミ・チャドウィックは、、アレクサンダー・アルボンのリードに従わないことを確認した。

髪の毛を染める予定かと質問されたジェイミー0・チャドウィックは「先週末にやったことをすべてやるつもりです」Sky Sportに応えた。

「幸いなことに、髪を赤く染めることを中心に展開していません」

「今彼が出している結果と髪の毛と何の関係があるのかわからないので残念です。彼はおそらく続けなければならないでしょうね」

「チームにとって素晴らしい結果でした。レース直前に会いに行ったのですが、予選後はがっかりしていましたが、キャンプではみんなとても幸せでした」

「彼らは、ペースがどうだったかを考えると、もっと価値があると感じました。アレックスがそれらのポイントでチームに報酬を与えることができて本当に幸せですし、それはチームにとってもう一歩前進です」

アレクサンダー・アルボン ウィリアムズ・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / アレクサンダー・アルボン