F1
元F1ドライバーのマーティン・ブランドルは、クレア・ウィライムズは低迷するウィリアムズF1チームの運営から退く時が来たと考えている。

ウィリアムズは水曜日にイスラエルのテルアラビにいた。ほぼ無名だが、イスラエルから重要な支援を受けるロイ・ニッサニーが、2020年のチームの公式ドライバーに就任し、金曜日のフリー走行に出走することが発表された。

「今日、私たちはイスラエルでの彼が受けているサポートを目にすることができます」とチームの創設者であるフランク・ウィリアムズの娘である副チームのボスであるクレア・ウィリアムズは語った。

「このプレゼンテーションに、様々な地域からいかに多くの人が来てくれたかを見るのは信じられくらいです」

しかし、多くの人が以前の偉大なチームの将来を恐れており、過去にウィリアムズに関わった人々が実際には2019年の崩壊が今年悪化する可能性があることを警告している。

「ウィリアムズでは、昨年(2018年)より悪化することはないと思っていたので、悪化することはないとは言えない」と2019年にウィリアムズのF1ドライバーを務め、スポンサーのPKNオーレンとともにアルファロメオ・レーシングに移ったロバート・クビカは語った。

ウィリアムズの元シニアエンジニアであるロブ・スメドレーは「モータースポーツ、特にF1で何度かブロックの周りにいたことがあるが、現実はこれより悪化する可能性がある」

少なくとも、2020年F1マシン『FW43』はFIAの義務的なクラッシュ試験に合格しており、今年のウィリアムズは以前よりもスムーズに進んでいるようだ。

「主な目標は、プレシーズンテストの開始に向けて、またはそれ以前にマシンを準備することです」とクレア・ウィリアムズは語る。

「まず何より、我々はすでにすべてのクラッシュテストを完了しました。今回は最初の試みで合格しました。昨年はそこが本当に問題でした」

「一年前、我々のマシンはスピードよりもクラッシュテストに合格する方法について考えていました。今ではすべてが異なっています」

それでも、元F1ドライバーであり、今では経験豊富で尊敬されている英国の評論家マーティン・ブランドルは、クレア・ウィリアムズはチームを去るべきだと考えている。

「私は(担当)ではありない。皆さんが知らないことは知らない」とマーティン・ブランドルは Motor Sport Magazine に語った。

「しかし、私ならクレアを大統領的な役割に移動させ、アンドレアス・ザイドルのような人物を受け入れて、完全な自主性を与えるよう求まるだろう。F1の成功は、昨日ではなく、明日が重要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ