WEC 上海4時間
2019-2020年FIA世界耐久選手権(WEC)の第3戦となる上海4時間レースの決勝レースが行われ、レベリオン・レーシングの1号車(ブルーノ・セナ/グスタボ・メネゼス/ノルマン・ナト)が優勝した。

レベルオンの優勝は第3戦シルバーストーン以来。その時はトヨタの2台が失格となっており、コース上で決着をつけての優勝は初めてとなる。

2位はトヨタ8号車(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー)、3位にはトヨタ7号車(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス)が続いた。

トヨタは今季より採用されたサクセス・ハンディキャップによって苦戦を強いられた。今回の上海戦では、2台のTS050 HYBRIDはハイブリッド・パワーが約45%、燃料が7.5%削減されるとともに、最低重量も2018年の同大会に比べて28kg増加されていた。

順位No.ドライバー名チーム/車種周回GAP
11ブルーノ・セナ
グスタボ・メネゼス
ノルマン・ナト
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
125 
28セバスチャン・ブエミ
中嶋一貴
ブレンドン・ハートレー
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
1251:06,984
37マイク・コンウェイ
小林可夢偉
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
1241LAP
45ジョーダン・キング
ベン・ハンリー
イゴール・オルトツェフ
チームLNT/
ジネッタG60-LT-P1・AER
1241:10.783
56チャーリー・ロバートソン
マイク・シンプソン
ガイ・スミス
チームLNT/
ジネッタG60-LT-P1・AER
1231LAP


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / WEC (FIA世界耐久選手権)