F1王者マックス・フェルスタッペン、2023年にむけて減量が必須?
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2年連続のF1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンが冬休み中に数キロ減量しなけれならないと語る。

25歳のマックス・フェルスタッペンは、第19戦F1日本GPでドライバーズタイトルを確定させ、第20戦F1アメリカGPでレッドブル・レーシングがコンストラクターズタイトルを獲得。残りのレースにむけてやや暴飲暴食をしたとてもチームは目をつぶるかもしれない。

レッドブF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナー「彼らはジョッキーのようなもので、一定の体重を下回らなければならない」と語った。

「オースティンのステーキハウスやブラジルのタケリアを通じて、その重量が少しずつ増え始めているのを目にした」

「だが、来年2月にマシンに戻る頃には、彼は体重が戻しているだろう」

マックス・フェルスタッペンは、181cmとドライバーの間で身長の高い部類に入る。KERSを導入した当時ほどではないが、最低重量が課題となっている新世代F1マシンでは体重を抑える必要があるかもしれない。

最後に、クリスチャン・ホーナーは、F1ドライバーがそうしたように、仲間のチーム代表たちが近いうちに友好的な食事のために集まるようなことはないと考えている。

「残念ながら、チームプリンシパルの間では同じ量の愛情は共有されていない」とクリスチャン・ホーナーは微笑んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル