マックス・フェルスタッペン 「セナプロとの比較に関心はない」 レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1でただ勝ちたいだけであり、残りの部分には注意を払っていない。特に自分とルイス・ハミルトンとのタイトル争いをアイルトン・セナとアラン・プロストのライバル関係と比較すされることに関心はないと語る。

今年、マックス・フェルスタッペンは、F1キャリアで初のF1ワールドチャンピオンを獲得する可能性がある。

残り6戦でマックス・フェルスタッペンとルイス・アミルトンとの差は6ポイントと佳境を迎えているが、フェルスタッペンは勝利を得ることにしか関心がない。記録を破ることにはも興味はなく、ハードな戦いでタイトルを獲得すか、支配的なマシンでタイトルを獲得するかも問題ではないと語る。

アイルトン・セナとアラン・プロストとの関係に比較されている激しいタイトル争いについてどう思うかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「いいや、あまりそこは重要視していない」と語る。

「僕は勝つためにここにいる」

「最高の結果を得たいと思っているけど、それ以上のことには取り組んでいない。毎週末にレースに勝ちたいだけだ」

「他のドライバーと比較することは決してない。比較はできない。何年も前のことだし、他の年よりも支配的な車を持っいた時代のことだからね。そういったケース常にF1にあるものだし、それらを比較することは意味がない」

F1がハイブリッド時代に入ると、メルセデスは支配的なマシンを持っていた。その結果、ルイス・ハミルトンはかなりの数の世界タイトルを手に入れることができた。

だが、2021年は、レッドブル・ホンダF1が互角の戦いを繰り広げており、マックス・フェルスタッペンがドライバーズチャンピオンシップの首位に立つ一方で、、メルセデスはコンストラクターで依然としてリードしている。

マックス・フェルスタッペンは、最年少F1ワールドチャンピオンや最年少ポールポジションという記録を逃している。

「言ったように、僕はそれに取り組んでいない。それをコントロールすることはできないしね。時々、非常に支配的なシーズンを過ごして、タイトルをつなぎ合わせることもある。常にこれほどまで長い間支配的し続けられるものではない。でも、それがF1だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1