マックス・フェルスタッペン 「ミックにとってハースはF1デビューに最適な環境」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、ミック・シューマッハにはまだ学ぶことがたくさんあり、ハースF1チームは彼がキャリアをスタートさせるには最適なチームだと考えている。

昨年、FIA-F2でタイトルを獲得したミック・シューマッハは、今年ハースF1チームからF1デビュー。開幕戦F1バーレーンGPでは非力なマシンで16位でレースを終えている。

マックス・フェルスタッペンは、7回のF1ワールドチャンピオンのミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハは、F1キャリアをスタートさせるには適切なチームだと考えている。

「ミックに関して、F1でドライブするのはもちろん素晴らしいことだ。彼はF2で素晴らしい仕事をしたし、ステップアップするに値する」とマックス・フェルスタッペンは F1-Insider に語った。

マックス・フェルスタッペンによれば、ミック・シューマッハはまだ学ぶべきことがたくさんあるが、彼はそのための適切な場所にいるという。

「ハースは彼にとって完璧だ。彼からの勝利はまだ期待できないが、彼はそこから学ぶことができるし、そこで大きなプレッシャーを受けることなくミスを犯すことができる」

マックス・フェルスタッペンは、子供の頃から知っているミック・シューマッハがハースF1チームとうまくやっていくと考えている。

「彼はいつもペースを持っていた。でも、もちろん物差しは彼のチームメイトになるだろう(ニキータ・マゼピン)。彼は彼を倒さなければならない」

二人の父親であるヨス・フェルスタッペンとミハエル・シューマッハは、ベネトン時代に友人だった。

ミック・シューマッハと同様の関係を築くことになると思うかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「僕たちはパドックでもっと頻繁に会うようになるし、そうすれば、それについて話すことができると思う」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / ハース / ミック・シューマッハ