マックス・フェルスタッペン 「ホンダF1からPUトラブルの説明を受けた」 / レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン、イタリア2連戦で見舞われたPUトラブルについてホンダF1から多くの説明を受けたと語る。

マックス・フェルスタッペンは、F1イタリアGPでPUトラブル、続くF1トスカーナGPではスタート時のPUのパワーロスが原因で中団での接触に巻き込まれてリタイア。2戦連続でホンダF1に関連した問題でリタイアを喫した。

ホンダF1は、F1エンジンの電気系とソフトウェアに関連する要因の組み合わせが故障を引き起こしていたと述べ、F1ロシアGPにむけて対策を講じている。

「とにかく僕は再びスタートすることにとてもやる気を高めている、でも、あの時にもっと重要だったことは、問題を解決できるようにそれらを機会することだった」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

「現時点は、僕たちは9戦で3回のリタイアを喫している。あまり好ましいとは言えない。とにかく僕たちはそれに取り組み、問題が再び起こらないようにしようとしている」

レッドブル・ホンダとして問題を理解したと感じているかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「そうだね、彼らは僕に多くの説明をしてくれたし、再び起こらないことを願っている。でも、現時点ではそれは推測することしかできない。コース上でそれを示することが重要だ」と述べた。

F1ロシアGPに向けて、レッドブル・ホンダにとってロングストレートのあるソチは強みを発揮できる場所ではないとマックス・フェルスタッペンは考えており、厳しい週末になることを覚悟していると述べた。
「競争力という点で、僕たちにとって素晴らしい週末になったことはなかったと思う。だから、奇跡は期待していない」とマックス・フェルスタッペンは語る。

「もちろん、ロングストレートと多いし、非常に短い90度コーナーが多い。それは大きな差を生まない」

「そのため、おそらく背後にいる連中は、ムジェロに比べてはるかに近くなるだろう。週末を通して、某たちがどれだけ競争力があるか見てみるつもりだけど、もちろん、目標は表彰台に立つことだ」

関連:ホンダF1 「PUトラブルの原因は究明。再発防止策を打ってレースに臨む」と田辺豊治TD / F1ロシアGP プレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1