ロス・ブラウン 「フェルスタッペンはシューマッハを思い出させる」 / F1 70周年記念GP
F1のモータースポーツ担当ディレクターであるロス・ブラウンは、レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンが一見苦労せずに勝利を勝ち取る能力はレジェンドであるミハエル・シューマッハを思い出されると語る。

F1 70周年記念GPでの驚くべき勝利により、マックス・フェルスタッペンはドライバーズ選手権でルイス・ハミルトン(メルセデス)から30ポイント差のランキング2位に浮上した。

ロス・ブラウンは、マックス・フェルスタッペンの容易さと落ち着きは、自身がベネントンとフェラーリでミハエル・シューマッハを完投したときに目撃した熟練を彷彿とさせると語る。

「マックスはシルバーストンでシンプルにセンセーショナルだった。彼は多くの点でミハエル・シューマッハを思い出させる」とロス・ブラウンは語った。

「彼の無線を聞くと、明らかに空き容量がある。マシンの制限はマックスフェル・スタッペンの制限ではない」

22歳のマックス・フェルスタッペンだが、すでに6シーズン目のF1参戦となる。ロス・ブラウンは、フェルスタッペンが“例外的”な才能に変わったと感じている。

「彼はマシンの繊細さを感じ、完璧に反応することができる」とロス・ブラウンは言った。

「彼のスピードがはっきりしていたマックスのF11の初期の頃を覚えている。現在、彼は例外的なレーシングドライバーへと成熟している」

「私は彼の無線が好きだ。チームに彼にタイヤを管理するように頼んだ際に『おばあちゃんのように運転したくない』と言ったときは得にそうだった」

「それはチームへの大きな自信と関係を示しており、非常に強力なものだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1 / ミハエル・シューマッハ