マックス・フェスタッペン 「ホンダF1との初年度は多くの進歩を遂げた」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、スポンサーのExactの本社を訪れ、インタビューに答えた。

F1アメリカGPの3位についてどう思いますか?
「週末自体はとても良かった。通常では1発の速さであまり競争力のないサーキットで僕たちはとても競争力があった。すべてがスムーズに進んだ」

「レース直後はメルセデスと戦えなかったことに少し失望したけど、マシンから降りてパフォーマンスに大きな影響を与えるフロアの大部分がなくなっているのがわかった。その後はかなり良い仕事ができたと思ったよ」

マシンはいつ損傷を受けたのですか?
「5周目だ。。当初、チームはスタート時のフロントウィングのダメージについて教えてくれたけど、それはほんの小さな傷だった。チームはそれが問題だと思ったが、運転中にウイングは動いていなかった。通常、フロントウイングの損傷はアンダーステア​​になる。でも、僕のマシンのリアに問題があった。最終的に、5周目に何かにヒットしたか、何かが壊れていたことがわかった。通常、マシンバランスが崩れていると多くのタップタイムが失われる。なので、最終的には素晴らしいレースだったと思う」

イエローフラッグがなければ、2位で終えられていたと思いますか?
「そうだね。でも、不運がレースの一部になることもある」

2019年シーズンには残り2レースのみです。このキャンペーンの残りに何を望んでいますか?
「ブラジルでは良いチャンスがあると思う。昨年のレースでは非常に競争力があった。バックマーカーがいなかったら勝っていたはずだった。それでも、戻ることを楽しみにしている。いくつかの困難な週末を経て、状況は良くなっているし、ブラジルでは表彰台を目指して戦いたいと思っている」

今シーズンを振り返って、あなたのハイライトは何でしたか?
「シーズンの前半だと思う。序盤では少し苦労したけど、一貫性のある結果を残せた。2つの勝利は特別なものだった。両方とも勝てるとは思っていなかったからね。オーストリアにはオランダ人のファンが非常に多く来てくれて、グランドスタンドはオレンジ色だった。スタートは酷かったし、通常オーバーテイクが容易ではないトラックでなんとか順位を上げれることができた。レッドブルリングでの2回目の勝利であり、ホンダとの最初の勝利だった。あの日はすべてまとまった」

「優勝したドイツでのレースは非常に混沌としていた。多くのことがうまくいかず、本当に集中しなければならなかった。コンディションも大変でした。雨が降った後、再び乾き、部分的に濡れた路面をスリックで走った。ミスを犯さないことが重要だった。あのようなレースに勝てたのははとても嬉しかった」

来年の期待は?
「待ってみる必要があります。僕たちはチームとして一生懸命働いている。もちろん良い結果を得られたけど、次の一歩を踏み出し、チャンピオンシップのために戦いたいと思っている。ホンダとのこの初年度は学習の年であり、僕たちは多くの進歩を遂げた。全員がやる気があり、勝ちたいと思っている。それがスピリットだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1