マックス・フェルスタッペン 「誰がチームメイトでも構わない」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、2020年のチームメイトが誰になっても構わないが、自分をプッシュしてくれる速いドライバーであればなお良いと語る。

レッドブルは、夏休み中に成績不振のピエール・ガスリーに代えてアレクサンダー・アルボンをレッドブルのドライバーに起用。だが、まだアルボンが2020年もレッドブルで走ることは決まっておらず、ガスリーとアルボンのどちらにするかを評価しているとしている。

チームメイトは誰が望ましいかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「気にしていないよ」とコメント。

「ピエールとはずっと良い関係を築いてきたので彼がトロロッソに戻ったのは残念だ。でも、アルボンとも仲良くやっているよ、2010年にカートで戦っているので昔からお互いのことは良く知っている。だから、お互いに状況はうまくいっているけど、僕としては誰がチームメイトでも構わない」

速いドライバーの方が好ましいかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「チームにとって良いことだし、最終的には僕にとっても良いことだ」

「チームメイトが僕に近くて、僕をプッシュしてくれれば、僕ももっと速く走れるしね。最高の結果を出すために協力する必要がある。でも、もちろん、チームメイトと戦いたいね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1