F1 ヨス・フェルスタッペン 「息子との関係はハミルトン親子のようにはならない」
ヨス・フェルスタッペンは、息子マックス・フェルスタッペンとの関係が時間ともに悪化することはないと確信しており、ルイス・ハミルトンと父アンドニーと同じ道を進むことになるとは考えていないと語る。

元F1ドライバーのヨス・フェルスタッペンは、息子であるヨス・フェルスタッペンのドライバーとしての成長においても重要な役割を果たしており、レース週末にレッドブルのガレージでお馴染みの存在となっている。


マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンの父親との関係には多くの類似店がある。アンソニー・ハミルトンは、息子のF1の最初の数年間でマネージャーを務めてきたが、2010年にハミルトンは父親の元を離れてマネジメント会社と契約。今では修復したものの、その後の二人の個人的な関係にも影響を与えた。

だが、ヨス・フェルスタッペンは、自分とマックス・フェルスタッペンとの関係がそのポイントに達することはないと考えている。

「彼がそのように考えるポイントに達することはないと思う。実際、私は彼と距離をおいているし、彼自身に物事をやらせたいと思っているからね」とヨス・フェルスタッペンは Beyond the Grid にコメント。

「だが、私は常に良く聞いている。そんな感じだ。それに私は『マックス、そうするべきだ・・・』と不満を言っているだけではない。何が良いかも彼に教えている」

「それに我々にはレイモンド(フェルミューレン/マネージャー)がいるし、彼がマックスと話をしている。我々はプライベートでも非常に良い関係を築いている」

マックス・フェルスタッペンの長期的な将来はまだ決まっておらず、定期的にレースに勝つだけでなく、ドライバーズタイトルに挑戦したいという願望も隠してはいない。

ヨス・フェルスタッペンは、彼らの目標が明確であることも人生を楽なものにしていると語る。

「我々は非常に良い関係であり、決して問題を抱えてはいない。我々はストレートだからだとも思う。我々は自分たちの考えていることを言う。ヘルムートと我々にまったく問題はない」

「彼も我々がやっていることを理解していると感じている。ドライバーがうまくいけば、ヘルムートとの人生も少し楽になる。彼も勝つためにここにいる。彼は2位でフィニッシュするためにここにいるわけではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1