F1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1ドイツGPでフェラーリのアンセーフリリースに対して罰金のみという裁定が下されたのは“完全に間違っている”と感じていると語る。

ウエットレースとなったF1ドイツGPの決勝で、シャルル・ルクレールは他のドライバーと同様に3周目にフルウェットからインターミディエイトに交換するためにピットイン。しかし、フェラーリがリリースした際にロマン・グロージャン(ハース)が迫っており、接触を避けるために急ブレーキを踏まざるを得なかった。

このインシデントはスチュワードによって審議されたが、フェラーリとシャルル・ルクレールにはタイム加算ペナルティではなく、5000ユーロ(約60万円)の罰金が科せられた。

F1モナコGPでアンセーフリリースによるペナルティで表彰台を失ったマックス・フェルスタッペンは、この裁定に納得がいっていないようだ。

「完全に間違っている」とマックス・フェルスタッペンは Mototsport Week にコメント。

「罰金で済むのであれば、誰もがそうするだろう。公平ではないと思う」

F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、F1モナコGPでのマックス・フェルスタッペンへのタイム加算ペナルティは、リリースではなく、バルテリ・ボッタスとの接触に科せられたものだと説明する。

「モナコでの件はアンセーフリリースとされていたが、ピットレーンでの接触のためのものだ。ドイツでのアンセーフリリースとは明らかに異なる」

だが、マックス・フェルスタッペンは、「僕たちが接触したからペナルティを科したと言っているけど、それは公平ではないと思う。ファストレーンにクルマがいることを知っているてクルマをリリースしていんだからね」

マイケル・マシは、F1ハンガリーGPに先駆けて各チームの代表と会議を行い、罰金では不十分であり、今後はアンセーフリリースにはタイム加算ペナルティを科すことで意見が一致したと報じられている。

マックス・フェルスタッペンは「彼らはマネージャーミーティングでそれについて話したと思う。これからどうなるか見てみよう」

「罰金はどのくらいだったの? 5000ユーロ? それはチームにとってピーナッツだ。彼らはそれを払ってもまったく痛くもない」

「完全に間違っていると思う。特に安全について話しているのであれば、正しくない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / ホンダF1