ヤルノ・トゥルーリ トヨタ残留
ヤルノ・トゥルーリは、2010年もF1に留まるこという固く決意し、トヨタに残留するというオファーを検討している。

今年でトヨタとの契約が満了するトゥルーリは、F1を引退し、家庭と成功を収めているワイン事業に専念するのではと囁かれている。

トヨタは、フェルナンド・アロンソのフェラーリ移籍によってシートを失うキミ・ライコネンにオファーしたが、ライコネン側に断られたとしてされており、経験豊富なドライバーとしてヤルノ・トゥルーリに残留のオファーをしたとされている。

「現在、僕はドライビングしているし、本当に運転を楽しんでいる」とトゥルーリは語る。

「速く走っている限り、心配する理由はない」

「現時点でF1がどこに向かっているのか見えないし、何が起こるわからない。でも、まもなく全てが明らかになるだろう」

「自分のパフォーマンスに満足しているし、自信を持っている。まだやることがたくさんあると感じているので、止めたいという気持ちはない。僕はとても強いし、非常にコンペティティブだ。だから、F1に残れると思っているし、自信はある。でも現在、チームは他のことで忙しいので、現時点で話すのは難しい」

トゥルーリは、F1で10年以上過ごしているが、疲れたと感じるよりも、むしろ彼のF1での経験が、実際に利益となっていることを証明していると考えている。

「シーズンにかなり満足している。とてもうまくやっているし、うまくドライブしている。一貫性もあるし、予選とレースでもとても強い。現時点でそれは良いことだし、クルマにも満足している」

「僕たちには競争力があるので、毎週末よい結果を出せるチャンスがあるし、ほぼ毎回よい結果を出せる経験もある。表彰台あるいは上位5位に入るチャンスが少しでもあれば、経験があれば自信を持って戦うことができる。これは僕にとって大いに役立っている」

トゥルーリは、まだトヨタのF1初勝利を成し遂げていないので、やり残したことがあると感じていることを認める。

「まだ僕の目標だし、今年心から狙っていることだ。まだできると信じている」

「たとえギャップがあって、僕たち全員がそれをわかっていたとしても、クルマに僕が持っているものを与えれば、それができると思う。今か、来週末か、特殊な週末かに関係なくね。優勝はすぐそこにある。掴み取る覚悟がなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヤルノ・トゥルーリ | トヨタ