F1 4KUHD
F1は、2017年から4K UHD(超高精細)で放送することを目指しており、F1シンガポールGPで試験的な放送が行われ、成功した。

F1のテクニカルパートナーであるTata Communications(タタ・コミュニケーションズ)は、Sky(スカイ)と協力し、F1シンガポールGPのレース全体を4K UHDで配信するテストを行った。

テスト用に最新鋭のUHDカメラがサーキットに複数設置され、映像はフォーミュラ・ワン・マネジメント(FOM)の放送センターでミックスされた後、スカイに配信された。

スカイのオペレーションディレクターを務めるキース・レーンは「UHDはHDより4倍の解像度となるため、ファンにとってF1を以前にも増してパワフルで、夢中になれる経験として提供することが可能となる」とコメント。

「シンガポールでこのコンセプトが証明されたことで、来シーズンから次世代のスカイQホームエンターテインメントサービスを使い、全てのレースをUHDでライブ放送する道筋ができた。カスタマーには引き続き、望み通りアクション満載のF1を経験してもらえるだろう」

UHDへの移行は、F1のバーチャルリアリティー導入に向けた動きにも大きな役割を果たすかもしれない。

「どのグランプリ開催地からでもシームレスにレースアクションをUHDで届けるためには、世界規模で超高速な、信頼できる接続性が要求される」とタタ・コミュニケーションズのF1ビジネスマネジングディレクター、メユール・カパディアは述べた。

「さらに、バーチャルリアリティーといった他の画期的テクノロジーのためにもまた、ユビキタスで超高速の接続性が不可欠だ。猛烈なスピードで技術革新が続く中、われわれはFOMと協力した上で、ファンにF1の刺激的な世界を新たな形で経験してもらえるよう取り組んでいく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1スポンサー