元F1ドライバーのラルフ・シューマッハ 「ギュンターはミックに個人的な何かがあるとしか思えない」
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーが、甥のミック シューマッハに対して「個人的な何か」を持っていると非難した。

ミック・シューマッハの将来に関する最新の報道によると、すでに2023年シーズンのハースF1チームのレースシートを持たないことをギュンター・シュタイナーからすでに知らされているとされている。

伝えられるところによると、ミック・シューマッハはF1ブラジルGPの週末にこのことを聞かされ、レース後の「自分の年になることもあれば、そうでないこともあるし、今年は僕の年ではなかったと思う。」と言うコメントはおそらくそれを念頭に置いたものだと考えられている。

ミック・シューマッハが「まだあと1レース残っているのでベストを尽くす」と語るF1アブダビGPに先立って、ニコ・ヒュルケンベルグの来季の起用が発表されると予想されている。

ラルフ・シューマッハは甥のキャリアの終焉についてギュンター・シュタイナーを非難。ハースF1チームはシュタイナーがいなければミックと再契約しただろうと断言する。

「ハースがミックを選ぶのは難しいと思う」とラルフ・シューマッハはSky Deutschlandに語った。

「チーム内の交流とギュンター・シュタイナーのオープンさは、丁寧に言うと、必ずしもポジティブなものではないと思う」

ミック・シューマッハは、F1グリッドに並んだ2シーズンでわずか2回の入賞にとどまっているが、ラルフ・シューマッハは彼がまだ「ポテンシャル」を示していると信じている。だが、それはギュンター・シュタイナーと彼のエゴによって押しつぶされたと考えている。

「ミックはポテンシャルがあることを示したが、彼が何をしたとしても、チームとギュンター・シュタイナーはそれに満足することはなかった」とラルフ・シューマッハは続けた。

「この振る舞いは、通常の基準では説明できない。それはほとんど個人的なものであるとしか考えられない」

「ギュンター・シュタイナーは、他の誰かがハースの焦点が集まるという事実に対処できないと私は信じている」

「彼はフロントとセンターにいることを非常に喜んでいる」

ラルフ・シューマッハがギュンター・シュタイナーのミック・シューマッハに対する管理を攻撃したのは初めてではない。

ラルフ・シューマッハによれば、仕事を失うという脅威に常にさらされているということは、ミック・シューマッハが自分が本当にできることを自由に示すことができなかったことを意味していたと語る。

「人事管理とは言えない」とラルフ・シューマッハは付け加えた。

「従業員のやる気を引き出す必要がある。彼は常にミスを犯さないようにというプレッシャーにさらされている。そうでなければ、ハースで働き続けることはでないからね。そのようなプレッシャーにさらされていると、のびのびとドライブすることはできない」

ウィリアムズはまだF1スーパーライセンスの取得が必要であるためローガン・サージェントを正式には確認していないが、チーム代表のヨースト・カピートはサージェントがライセンスを獲得できる確率は「98%」だと自信をみせている。

ミック・シューマッハがハースF1チームのシートを失った場合、2023年の彼の選択肢はリザーブドライバーの役割として1年傍観者することになる。アルパインと同様に、メルセデスがシューマッハの起用に興味を持っていると言われている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミハエル・シューマッハ / ラルフ・シューマッハ / ハース