「私がいなければミハエル・シューマッハはウィリアムズと契約していた」と元F1ドライバー
元F1ドライバーのヨッヘン・マスは「私がいなければ、1990年代にミハエル・シューマッハはフェラーリではなくウィリアムズと契約していただろう」と語る。

元マクラーレンのF1ドライバーだったヨッヘン・マスは、1991年の世界スポーツカー選手権でザウバー・メルセデスでミハエル・シューマッハとチームメイトとなり、良い関係を築いていた。

その後、ベネトンで4シーズンを過ごして2回のF1ワールドチャンピオンを獲得したミハエル・シューマッハは、1996年にフェラーリと契約することを決断した。

だが、ヨッヘン・マスによると、ミハエル・シューマッハにはフェラーリと契約する意向はなく、実際にはウィリアムズと契約したがっていたと語る。

ヨッヘン・マスは、ミハエル・シューマッハがウィリアムズと交渉していたことを知っていた。フランク・ウィリアムズはタイトルを獲得したFW15Cを数周走らせる機会を与えていた。

「あのマシンはあらゆる電子的な助けを借りて素晴らしく運転しやすかった。私は『あのマシンでしかチャンピオンになることはできない』と言っていた。ミハエルは私に電話をかけてきて、来年からウィリアムズで走るつもりだと言った。彼、そして、フランクにとっては素晴らしいことだと思った。彼には最高のドライバーを手に入れて欲しかったからね」

「しかし、最終的に私は彼に『今君が勝っても、君自身ではなく、マシンで勝つことになる。君はフェラーリに行って、彼らを今いる深い谷から抜け出してあげなければならない。君は彼らを再びチャンピオンにしなければならない。そうすれば、君はイタリアの王様になだろう!』と伝えた」

「1か月後、彼はフェラーリに行くつもりだと電話をかけてきた。フランクには少し馬鹿げたことかもしれないが、彼がフェラーリでワールドチャンピオンになれば、はるかに尊敬されるだろうと考えた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミハエル・シューマッハ / フェラーリ / ウィリアムズ