F1 ミハエル・シューマッハ
FIA会長のジャン・トッドは、ミハエル・シューマッハの容体はまだ“非常にプライベート”なことだと主張する。

現在、50歳になたミハエル・シューマッハは、2013年のクリスマス直後に息子のミック・シューマッハとのスキー中に転倒して以来、公に姿を見せてはいない。

ミハエル・シューマッハは、深刻な脳損傷を負っていると考えられているが、実際に容体を知っているの家族とごく限られた人物しかいない。

フェラーリ時代の上司であるジャン・トッドもその一人だ。

「非常にプライベートなことだ」とジャン・トッドはF1フランスGPの会場で RMC にコメント。

「ミハエルは家族に囲まれ、ジュネーブとローザンヌの間にある自宅で家族と一緒に暮らしている」

「彼は戦い続けている。それが今日私が言える唯一のことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミハエル・シューマッハ