F1 ミハエル・シューマッハ ミック・シューマッハ
ミハエル・シューマッハのキャリアをマネジメントしていたウィリー・ウェバーは、ミハエル・シューマッハが息子ミックをF1へと導くことを密かに計画していたことを明らかにした。

ウィリー・ウェバーは、ミハエル・シューマッハが息子の才能を早くから確信しており、彼の莫大な経験と知識を使って“ミックをF1へと導き、かつて自分がしていたようにマネジメントする”準備ができていたと語る。

しかし、父と息子のその夢は、ミハエル・シューマッハの悲劇的なスキー事故によって2013年に打ち砕かれることになった。

「素晴らしいストーリーになっていたと思うし、彼はそうすることを本当に望んでいた」とウィリー・ウェバーは Motorsport-total.com にコメント。

ミハエル・シューマッハは、ミック・シューマッハが14歳でカートをしていた際には父親として見ていただけで、指導したいという願望を公には述べてはいなかった。

しかし、ウィリー・ウェバーは「彼は積極的にアイデアを提案していた」と語る。

「ミハエルは自分自身で経験していたので、どのチームと話をしなければないか、どうすれば全てがうまくいくかなど、すべてのことを知っていた」

父親はサポートすることができなくなってしまったが、ミック・シューマッハーは自分自身でF1の玄関口に立った。

昨年のヨーロッパF3選手権で優勝したミック・シューマッハは、今シーズン、F1の登竜門であるF2に参戦。また、フェラーリ・ドライバー・アカデミーに参加し、バーレーンテストではフェラーリとアルファロメオのF1カーをテストしている。

「ミックはいつもミハエルの息子として父親と同じ結果を達成しなければならないと考えていた。もちろん、それは少年にとって大きな負担だ」とウィリー・ウェーバーは語る。

「もしミハエルがまだ彼のそばに立つことができていれば、すべては異なった象徴を持っていただろう。だが、今、他人の目から見れば、ミックは本質的に彼の父親を代表している」

「だが、それが問題だ。誰もが彼を比較し、誰もが同じ結果を得る必要があると言っているからね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミハエル・シューマッハ / ミック・シューマッハ