ミハエル・シューマッハの2010年09月のF1情報を一覧表示します。

メルセデスGP 「シューマッハでなければ解雇していた」

2010年9月30日
ミハエル・シューマッハ
メルセデスGPのチーム代表ロス・ブラウンは、今年のナンバー3のマシンで苦戦しているドライバーが、7度のワールドチャンピオンを獲得し、数々の記録を樹立したミハエル・シューマッハでなければ解雇されただろうと認めた。

ミハエル・シューマッハの現在のパフォーマンスレベルの別人だったら残留させるかと質問されたロス・ブラウンは「正直、残留させないだろう」とコメント。

ミハエル・シューマッハ:F1シンガポールGPプレビュー

2010年9月17日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハが、F1シンガポールGPへの意気込みを語った。

ミハエル・シューマッハ (メルセデスGP)
「新しいサーキットを知ることはいつだって楽しみだし、シンガポールがエキサイティングな会場なのは確かだ。週末を楽しみにしているのは3つの理由がある。新しいサーキットであり、シティレースであり、そして初めてのナイトレースだ」

メルセデスGP、シューマッハ仕様での2011年マシン設計を否定

2010年9月13日
メルセデスGP
メルセデスGPは、2011年シーズンに向けてミハエル・シューマッハのドライビングスタイルに合わせたマシンを創っているとの報道を否定した。

メルセデスGPは基本的にW01をジェンソン・バトンがドライブすることを想定して設計してされたため、好みが合わないことが今季シューマッハが苦戦している理由だとされている。

W01の後継マシンがシューマッハのドライビングスタイルに合わせて設計されるとの憶測の中、シューマッハは公然と2011年に気持ちを切り替えていると発言している。

ミハエル・シューマッハ 「年齢も苦戦の要因かもしれない」

2010年9月7日
ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハは、今年F1に復帰したあとスピードを取り戻す苦しんでいるのは年齢も要因かもしれないと認めた。

3年の引退を経て2010年にメルセデスGPからF1復帰したミハエル・シューマッハは、これまで結果が伴なっていないのはブリヂストンタイヤやW01のマシン特性を含めた主に技術的な要因だと説明していた。

しかし、最近シューマッハは「結局のところ物理的なものだ。40歳がどうやってトップレベルの23歳や24歳と同じようにやれるっていうんだい?」と News of the World にコメント。

ミハエル・シューマッハ:F1イタリアGPプレビュー

2010年9月3日
ミハエル・シューマッハ (メルセデスGP)
ミハエル・シューマッハが、F1イタリアGPへの意気込みを語った。

ミハエル・シューマッハ (メルセデスGP)
「スパは、状況を考えるとそれなりの結果を出すことができたし、かなり楽しい週末だった。次のモンツァでのレースは、僕たちのチームにとって本当にチャレンジになると思うので、違った意味で面白いレースになるかもしれない」
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム