アブダビグランプリ キミ・ライコネン F1
2017年最後の公式テストとなるF1アブダビテストが28日(火)に最終戦アブダビGPの舞台となったヤス・マリーナ・サーキットで行われ、初日はキミ・ライコネン(フェラーリ)がトップタイムを記録した。

ピレリの2018年F1タイヤのテストとして実際されているF1アブダビテスト。ピレリは2018年から新たにスーパーハード(オレンジ)とハイパーソフト(ピンク)を追加し、合計7種類のドライコンパウンドが用意される。

初日のトップタイムを記録したのはフェラーリのキミ・ライコネン。午前中にハイパーソフトタイヤで1分37秒768を記録。合計で99周を走り込んだ。明日はセバスチャン・ベッテルがテストを担当する。

2番手には0.298秒差でダニエル・リカルド(レッドブル)、3番手には0.783秒差でルイス・ハミルトン(メルセデス)が続いた。4番手にはこの日最多の137周を走行したロマン・グロージャン(ハース)が続いた。

5番手タイムはフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が記録。アロンソは午前中に11周を走行した後ターン19でクラッシュ。赤旗の原因となった。フロントウイングを破損して午前中の走行を棒に振ったが、午後には走行を再開して合計で111周を走破した。

注目はウィリアムズからテストに参加したロバート・クビサ。午前中のみの走行とアナウンスされていたが、午後にも周回を重ねて合計で100周を走破。初日の走行は全てソフトタイヤで行われ、ベストタイムはトップから3.528秒差の1分41秒26で9番手タイムだった。

その後、ウィリアムズはランス・ストロールがテストを引き継いで29周を走行し、6番手タイムとなる1分39秒580をマークしている。二人の差は1.7秒あるが、タイヤを含めて異なるプログラムを実施していたと考えられてる。

ロバート・クビサは2018年のウィリアムズのドライバー候補に挙げられており、今回の走行は評価テストとなっている。クビサは明日の午後に再びマシンを走らる予定となっており、そこではハイパーソフトを装着してパフォーマンス走行を実施すると予想されている。

7番手にはニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、8番手にはフォース・インディアの開発ドライバーを務めるニキータ・マゼピンが続いた。

10番手にはショーン・ゲラエル(トロ・ロッソ)、11番手にはマーカス・エリクソン(ザウバー)が続いた。

マクラーレンは、F1ブラジルGP後に予定していた2日間のタイヤテストがセキュリティ上の問題によってキャンセルされため、今回のテストで2台のマシンを走らせることが許可されており、もう一台はオリバー・ターベイがドライブ。ターベイは105周を走り込み1分41秒914でセッションを終えた。

初日の各ドライバーのベストタイムは、ロバート・クビサを除いてすべてハイパーソフトで記録された。

2017 F1アブダビテスト 初日 タイム結果

順位Noドライバーチームベストタイム周回
17キミ・ライコネンフェラーリ1分37秒76899
23ダニエル・リカルドレッドブル1分38秒066109
344ルイス・ハミルトンメルセデス1分38秒551136
48ロマン・グロージャンハース1分39秒270137
518ランス・ストロールウィリアムズ1分39秒58028
614フェルナンド・アロンソマクラーレン・ホンダ1分39秒762115
727ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分39秒80385
835ニキータ・マゼピンフォース・インディア1分39秒95990
940ロバート・クビサウィリアムズ1分41秒296100
1038ショーン・ゲラエルトロ・ロッソ1分41秒428117
119マーカス・エリクソンザウバー1分41秒68197
1288オリバー・ターベイマクラーレン・ホンダ1分41秒941105


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果