F1レース結果の2008年12月のF1情報を一覧表示します。

F1ヘレステスト最終日:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2008年12月18日
F1 ヘレステスト 最終日 セバスチャン・ベッテル
2008年のF1合同テストが17日、スペインのヘレスサーキットで最終日を迎えた。

ヘレス合同テストには、レッドブル、BMWザウバー、ウィリアムズが参加しており、2008年のテストプログラムを完了された。

トップタイムを記録したのは、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。107周を走行し、今月のヘレステストの最速タイムとなる1分16秒617をマークした。2番手タイムは、同じくレッドブルのテストに参加しているセバスチャン・ブエミが記録した。

F1アルガルベテスト最終日:フェラーリとマクラーレンがテストを完了

2008年12月18日
F1 アルガルベ
ポルトガルのアルガルベ・サーキットで、フェラーリとマクラーレンが2008年のF1テストプログラムを完了させた。

この日は、ペドロ・デ・ラ・ロサ(マクラーレン)とルカ・バドエル(フェラーリ)の2名のみがテストを実施した。

デ・ラ・ロサは、2009年仕様の空力とKERSを搭載した暫定マシンで74周の走行を行い、1分28秒993というタイムを記録した。マクラーレンは、今週のシステムの進捗に自信を持って一日を終えた。

F1アルガルベテスト2日目:デ・ラ・ロサがトップタイム

2008年12月17日
F1 アルガルベ テスト2日目
ポルトガルのアルガルベ・サーキットで、フェラーリとマクラーレンがテスト2日目を迎えた。

トップタイムを記録したのは、マクラーレンのペドロ・デ・ラ・ロサ。午前中は低グリップに苦しんだデ・ラ・ロサだが、KERSを搭載したMP4-23Kで精力的にテストを行った。午後には気温が改善し、デ・ラ・ロサは、フロントウイングと可動式のフラップを含む2009年のエアロ作業に集中した。

F1ヘレステスト2日目:セバスチャン・ブエミが再び最速タイム

2008年12月17日
F1 ヘレステスト 2日目
F1合同テスト2日目が16日(火)、スペインのヘレス・サーキットで行われた。

2日目のトップタイムは、前日に引き続きセバスチャン・ブエミが記録した。この日は、レースドライバーのセバスチャン・ベッテルがレッドブルのテストに合流。ブエミは、ベッテルをコンマ3秒上回る1分17秒029を記録。先月のバルセロナ以来のテストとなるセバスチャン・ベッテルは、ターン1で数回コースオフするなど、まだ感覚を取り戻せていない様子。

フェラーリとマクラーレンがアルガルベ・サーキットでテストを開始

2008年12月16日
アルガルベ・サーキットでF1テストが開始
ポルトルガルの新サーキットであるアルガルベ・サーキットで、F1初の公式テストが行われた。今回はフェラーリとマクラーレンの2チームが参加。2008年最後となる3日間に渡るテストを開始した。

しかし、この日のアルガルベには強風が吹き、チームの作業を妨げた。

フェラーリは、フェリペ・マッサがテストに参加した。しかし、体調不良のため予定より早くテストは切り上げられた。マッサは36周を走行し、1分32秒926というタイムを記録した。

F1ヘレステスト初日:セバスチャン・ブエミが最速タイム

2008年12月16日
セバスチャン・ブエミがトップタイム
今年最後となるF1合同テストが15日(月)、スペインのヘレス・サーキットでスタートした。

ヘレスには、レッドブル、BMWザウバー、ウィリアムズの3チームが参加した。

初日のテストに参加したのは、レッドブルのドライバーとして参加したセバスチャン・ブエミ。先週のヘレスでは、トロ・ロッソから参加し、3日間全てトップタイムを記録したブエミは、この日も他のドライバーを寄せつけず、1分17秒704でトップタイムを記録した。

F1ヘレステスト最終日:佐藤琢磨は2番手タイム、ブエミがトップ

2008年12月12日
2番手タイムでテストを終えた佐藤琢磨
F1合同テスト最終日が、スペインのヘレス・サーキットで行われた。

最終日のトップタイムを記録したのは、トロ・ロッソのテストに参加したセバスチャン・ブエミ。ブエミは、この日最多となる138周を走行し、1分17秒258というタイムを記録。今週のヘレステスト3日間すべてでタイムシートのトップに立った。

2番手タイムは佐藤琢磨が記録。119周を走行した佐藤琢磨は、ブエミにおよそコンマ2秒届かず、1分17秒520という結果で3度目となるトロ・ロッソのテストを終了した。

F1ヘレステスト2日目:ブエミがトップタイム、佐藤琢磨は2番手

2008年12月11日
2日目のトップタイムを記録したセバスチャン・ブエミ
F1合同テスト2日目が、スペインのヘレス・サーキットで行われた。

2日目は、佐藤琢磨がトロ・ロッソのテストに参加。午後からセバスチャン・ブルデーからステアリングを引き継いだ佐藤琢磨は、37周を走行し、それまでのブルデーのタイムを上回り、2番手タイムとなる1分18秒601を記録した。

トップタイムは、セバスチャン・ブエミが記録した1分18秒073。ブエミは、このタイムを午前中に記録している。セバスチャン・ブルデーは1分19秒032で3番手だった。

F1ヘレステスト初日:セバスチャン・ブエミがトップタイム

2008年12月10日
セバスチャン・ブエミが初日のトップタイム
F1合同テストが9日(火)、スペインのヘレスサーキットで本格的にスタートした。

この日は、レッドブル、フォース・インディア、そしてバーレーンでテストを行っているトヨタを除く、6チームがテストを実施。ちなみに前日にはウィリアムズがF3ドライバーのダニ・クロスをテストしていた。

朝は日が差していたヘレスだが正午あたりから小雨が降り始め、午後はウェットコンディションでのテストとなった。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム