レッドブルF1代表 「セバスチャン・ベッテルのキャリアは髪型以外は成功」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、セバスチャン・ベッテルとの時間を懐かしく振り返った。

セバスチャン・ベッテルは間違いなくレッドブルの歴史の中で最も重要なドライバーであり、マックス・フェルスタッペンはベッテルの業績を凌駕するかもしれないが、4回のF1ワールドチャンピオンはチームの歴史の中で最も成功したドライバーであり続けている。

クリスチャン・ホーナーは多くの成功を楽しい思い出として振り返るが、髪型だけはイマイチだったと振り返る。

現在、セバスチャン・ベッテルは長髪だが、レッドブル時代は必ずしもそうではなかった。

クリスチャン・ホーナーは「彼が我々と一緒にいたとき、決して髪型はカッコよくなかった」とセバスチャン・ベッテルに冗談で語った。

「ブリーチ、刈り上げなど、すべてを試していたな!」とクリスチャン・ホーナーは隣で取材を受けていたセバスチャン・ベッテルに語りかけた。

「とても楽しかったし、信じられないほどの時間だった」

「我々全員が一緒に成長した。とてもとても幸せな思い出だ。ベッテルは我々のチームのとても特別な一員だった」

「すべての勝利、コンストラクターズチャンピオンシップ、ドライバーズチャンピオンシップ…」と語っていると、セバスチャン・ベッテルは「あなたのすべてのボーナスを僕たちは獲得したよね」と冗談交じりに遮った。

「私がやったのは、ずっと小切手を書くことだけだった!」とクリスチャン・ホーナーは答えた。

「でも、何よりも、それはとても楽しかった」

今年のF1ブラジルGPでは、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスの間に緊張関係が沸騰する恐れがあったが、セバスチャン・ベッテルとマーク・ウェバーの間のライバル関係ほどではなかった。

セバスチャン・ベッテルが“マルチ 21”のチーム オーダーを無視し、マーク・ウェバーを抜いて勝利した2013年のF1マレーシアGPは有名であり、チームメイトとしての関係が完全に回復することはなかった。

それにもかかわらず、クリスチャン・ホーナーは、マーク・ウェバーとセバスチャン・ベッテルは、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスよりもはるかに扱いやかったと冗談を言った。

「現在の我々のドライバーに比べれば簡単だ」とクルスチャン・ホーナーは、セバスチャン・ベッテルとマーク・ウェバーの時代について語った。

「彼ら(ベッテルとウェバー)は素晴らしいペアだった」

「我々が一緒に達成したことを今振り返ってみると、我々は素晴らしい時間を過ごした。我々全員が少し年をとった」

「信じられないほど素晴らしい時間だった。チームにとって素晴らしい時間だった。彼ら(ベッテルとウェバー)にとって素晴らしい時間だった」

一方、セバスチャン・ベッテルは次に何が起こるかについて沈黙を守っているが、来年の約束がないことによる「空虚さ」を楽しみたいと語った。

「休憩と空虚さを楽しみにしている。何も準備ができていないからね」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「来年のためにサインアップしたコミットメントはない。それは挑戦だと思う」

「自分にとって素晴らしいテストになるだろうし、それにどう対処するかを見ることになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / セバスチャン・ベッテル