レッドブルF1代表 「チームの競争力を確保するのはFIAの本分ではない」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、FIA(国際自動車連盟)が2023年のF1フロア規則の変更を強制するために“安全性の理由”を使用するのは「非常に安易な手札」だと非難する。

クリスチャン・ホーナーは、ポーパシング/バウンシングを排除するために設計されたフロア規則の変更が、技術規則を通じて取り組むべき安全上の問題であるかどうかに異議を唱えている。

クリスチャン・ホーナーが繰り返し述べているのは、それらの問題は特定の車の固有の問題であり、それらに対処することは関連するチームの責任だということだ。

FIAは、通常の投票手順を使用せずに、安全上の理由で変更を強制することができる。そうでない場合、2023年のこの時期での変更は、F1コミッションで30票のうち28票という「超多数」によって合意される必要がある。つまり、事実上、最低8チームがそれらをサポートする必要がある。

変更の主な論点は、フロアエッジが25mm高くなっていることだ。だが、このパッケージには、フロア前部のフロア下ディフューザースロートの高さを上げること、より厳格なフロアたわみテスト、および車の垂直振動を測定するための改良されたより正確なセンサーの採用も含まれている。

クリスチャン・ホーナーは、いくつかの変更は受け入れる用意があるが、それら対策は「極端すぎる」と説明し、問題と釣り合いが取れていないと主張する。

「安全性は、理論的にはF1コミッションやFIA世界モータースポーツ評議会の投票の対象とならないため、支持を得ることができる非常に安易な手札だ」とクリスチャン・ホーナーはThe Raceに語った。

「何かできることはあるが、それは賢明である必要があると思う。議論された数字は、おそらく何ができるのかという現実と比較して、あまりにも極端すぎる」

FIAは今年、8月末にF1ベルギーGPからアクティブになる技術指令を通じてすでに対策を導入している。これには、ドライバーが受ける許容可能な垂直振動を制限する測定法が含まれる。

しかし、これは短期的な修正と見なされており、問題は悪化する恐れがあるため、2023年の変更は恒久的な解決策を対象としている。

レッドブルは、メルセデスや程度は少ないがタイトルライバルのフェラーリとは異なり、ポーパシングバウンシングに関して大きな問題を抱えていないため、クリスチャン・ホーナーは、パフォーマンスを犠牲すれば個々のチームが解決できる問題を修正するために規則が使用されることを警戒している。

「私は実際にそれが安全性の問題であることに異議を唱える」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「車の操作方法はチーム次第だ。ポーパシングは簡単に取り除くことができるが、それはパフォーマンスが犠牲になる」

「チームの競争力を確保することはFIAの本分ではない。そうでなければ、過去10年間でエンジンBOPが発生しただろう」」
メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターであるアンドリュー・ショブリンは「根本的な問題のいくつかを解決したいのであれば、ルールをそのままにしておくことはできない」という理由で、問題に取り組むためにルールの変更が必要であると主張ているが、クリスチャン・ホーナーは書き直しに対して警戒している。

クリスチャン・ホーナーは「過去3~4レースで問題は見られなかった」のでF1は通常のルール変更プロセスを使用すべきだと主張している。

「私は常識的な解決策が必要だと思う。予算上限のあるシーズンの遅すぎる時点で来年のルールブックを書き直すべきではない」とクリスチャン・ホーナーは語り、「1回限りのサーキットでのいくつかのサンプルに過剰反応しないように注意する必要がある」と警告した。

クリスチャン・ホーナーは、F1アゼルバイジャンGPのようなポーパシングやボトムアウトに深刻な問題があり、ドライバーに不快で損傷を与える可能性のある乗り心地を保証したイベントのことを参照している。

また、クリスチャン・ホーナーは、今回の変更は小規模なF1チームにとっては「実際にはさらに大きな問題」であると主張した。

「いくつかと小規模チームと話をした場合、引き継がれる特定の要素があるため、彼らは私よりもこれについて大きな声を持っていると思う」

「それらがフロアの高さの25mmの上昇について話しているなら、これから来年のために車を再設計するのは遅すぎる。これは、まったく異なる空気力学のセットだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル