レッドブルF1代表 「RB18はターゲットの大部分を達成している」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2022年F1マシン『RB18』に開発と製造の進捗について説明した。

2022年の大幅なF1レギュレーション変更に対応した最初のマシンとなるレッドブル RB18の正式な発表日はまだ確認されていないが、先週、チームはRB18の背後からの魅力的なティザー画像を公開し、オンラインでユニークなローンチイベントを実施することを告知している。

クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・レーシングはRB18の開発についてリラックスしているが集中していると語り、新車は来週から物理的な製造を開始すると述べた。

「すべてが少しタイトな時期だ。長時間の作業であり、食事はテイクアウトだ!」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「RB18には多くのハードワークがなされており、形になりつつある。これまでのところ、ターゲットの大部分に到達している」

「チームは信じられないほど一生懸命働いているし、本当に一丸となって取り組んでいる。来週マシンは製造に入る。エキサイティングだ!」

近年、レッドブル・レーシングの標準となっているように、クリスチャン・ホーナーは、プレシーズンテスト前にRB18のシェイクダウン(慣らし運転)を実施する計画があることを確認した。

RB18のシェイクダウンはフィルミングデーを利用して行われる。F1チームは、特別に供給されるピレリタイヤで100kmのトラック走行が許可されるフィルミングデーを2回割り当てられている。

シェイクダウンを実施すれば、F1チームは、テストが本格的に開始される前に、シーズンに向けての準備に深刻な結果をもたらす可能性のある初期の不具合を特定して修正することができる。

「テストに関しては、バルセロナとバーレーンに向かう前に、通常のシェイクダウンを行う」とクリスチャン・ホーナーは説明した。

「新車でドライバーは3日しか走る時間がなく、それほど多くはない。かなり激しい」

「しかし、それがファンとフォロワーにとって、シーズンの最初の部分をより興味深いものにするのは確かだろう」

クリスチャン・ホーナーは、レギュレーションが非常に異なることを考れば、初期のテスト結果は多少のサプライズがあり、いくつか見慣れない名前がタイムシートの上位に表示される可能性があると考えている。

「特にこのような大きな規制の見直しでは勝者と敗者が出てくるだろう」とクリスチャン・ホーナーは付け加えた。

「したがって、人々が考え出した解決策によっては、予期しないカーブボールの結果が得られる可能性がある」

レッドブル RB18に搭載されるエンジンは、名目上はレッドブル・パワートレインズ製となるが、中身はホンダF1が継続しては開発しているものとなる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1マシン