レッドブル・ホンダF1 「メルセデスを倒すには完全な完璧さが必要」
レッドブルF1のヘルムート・マルコは、2021年のF1世界選手権でレッドブル・ホンダがメルセデスとの戦いで“成功”を収めるには完全な完璧さ以上のものが必要がだと認める。

レッドブル・ホンダは、F1バーレーンGPの週末全体でマックス・フェルスタッペンがメルセデスを凌駕していたが、本当に重要なレースの瞬間にトップにいたのはルイス・ハミルトンだった。

メルセデスF1は、勇敢な戦略、ルイス・ハミルトンの見事なディフェンシブドライビング、そして、マックス・フェルスタッペンのディファレンシャルの問題もあり、勝利を手にしたが、レッドブル・ホンダとして“一体何が起こったのか”としか考えることができなかった。

F1サーカスは3週間のブレイクを経て来週末に第2戦F1エミリア・ロマーニャGPのためにイモラに再集結するが、ヘルムート・マルコは、レッドブル・ホンダが成功を収めるためには完全な完璧さが必要だと警告する。

「我々が持っているパッケージ、非常に競争力のあるエンジン、すべてにうまく反応するシャシーによって、我々は再びメルセデスのレベルにいるだろう」とヘルムート・マルコは Motosport Networkに語った。

「我々は今、完璧である場合にのみメルセデスに対して成功することができることを分かっている。すべてが正しくなければならない」

「イモラでも状況は似ていると思う。表彰台が逆転し、マックスが最上段にいることを願っている」

ただし、メルセデスも100%の完璧さが求められている状況は同じであり、予算上限や2022年への焦点の差し迫った切り替えなど他の要因も絡んでくる。

「シーズンのスタートで、私は我々がF1に入ってきて以来、最も難しいシーズンだと話をした」とヘルムート・マルコは認める。

「一方で、我々は明らかに予算上限の影響を受けており、他方では世界タイトルを獲得する機会があると考えている」

「したがって、2022年を無視することなく、勝つために全力を尽くさなければならない。並行して取り組む必要があり、2つのプロジェクトのバランスを取り、両方が成功するようにすることは今やリスクだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1