レッドブルF1代表 「独自にF1エンジンを開発することは可能」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ホンダが2021年にF1から撤退した後、レッドブルが独自にF1エンジンを開発することは可能だと考えている。

前戦F1トルコGPでレッドブル・レーシングはF1での300戦目という節目を迎えた。過去にレッドブル・レーシングはセバスチャン・ベッテルととに4回のF1ワールドチャンピオンを獲得し、F1で最もスペクタクルなチームと見なされている。

クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・レーシングをフェラーリやメルセデスといった伝統的なチームとは異なるリラックスした雰囲気をF1パドックにもたらしており、ファンも異なる見方をしていると考えている。

「我々の労働文化はメルセデスやフェラーリとは異なると思う。レッドブルはそれらのチームとは異なる雰囲気をパドックにもたらしている」とクリスチャン・ホーナーは Sky Sports UK に語った。

クリスチャン・ホーナーは、F1チームを300戦率いてきたが、その間、レース週末を1回も欠場することはなかった。

「レッドブルで働くことを誇りに思っている。実際に300回のグランプリを迎え、次のレースを楽しみにしている。スタート直前にすべてのドライバーの目を見て、手を差し伸べる。それはチームでの最初のレースと同じ感覚と緊張感を持っている瞬間だ。すべてが本当にレースに集中し、夢中になっている。素晴らしい気分だ」

何年にもわたってクリスチャン・ホーナーは、様々な個人と協力してきた。

「最初にエイドリアン・ニューウェイも非常に素早く獲得し、その協力は非常にうまくいった。ドライバーを見ると、彼ら全員が非常に異なっている。たとえば、マックス・フェルスタッペンとセバスチャン・ベッテルは完全に異なる2人だし、ダニエル・リカルドはアレクサンダー・アルボンとは異なる。彼らは全員が取り組んでいるプロダクトを走らせることができるチームの特権的なメンバーだ」

ホンダが2021年末でF1から撤退することで、レッドブルは2022年以降のF1エンジンがない状況に陥った。他メーカーのカスタマーになる道もあるが、レッドブルはホンダのF1エンジンの知的財産権を買い取り、独自にF1エンジンプログラムを進めることを優先して進めている。

クリスチャン・ホーナーは、過去を振り返るだけでく、未来に目を向けている。

「ホンダとの関係は素晴らしかったが、残念ながらそれは長くは続かなかった。大きな問題は、エナジードリンクは世界最高のエンジンと競争できるエンジンを生み出すことができるかということだ。我々はシャーシで行ったので、エンジンでも可能なはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1