レッドブルF1代表 「11月末までに2022年のF1エンジンを決定する意向」 / ホンダF1エンジンの継続使用が最優先
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・オーナーは、2022年に搭載するF1エンジンを11月末までに決定する意向だと語る。

ホンダが2021年シーズン末でF1から撤退することで、レッドブルは2022年に別のサプライヤーに移るか、現在のホンダのF1エンジンの知的財産権を引き継ぐかを検討している。

「我々の好ましい選択肢は、来年マシンに搭載されるパワーユニットを継続することだ。もちろん、バッジを他のものに付け直さらるがね」とクリスチャン・ホーナーは公式F1ウェブサイトに語った。

「レギュレーションがどうなるかが条件となるが、今後の知的財産権とプロダクトの使用についてホンダと合意できれば、そのパワーユニットを継続するための合意を見つけること望ましいルートだ。日本のどこかの倉庫にそのエンジンが保管されるのは非常に残念なことだ」

問題を複雑にしているのは、それらのエンジンの開発コストだ。F1が2026年以前に新しいエンジン方式が導入される可能性は低い。レッドブルは、2022年以降のF1エンジン開発が完全に凍結されることを望んでいると語っており、メルセデスはそのアイデアをサポートしているが、ルノーとフェラーリは反対している。

それでも、クリスチャン・ホーナーは、レッドブルとF1のオーナーであるリバティ・メディアとの話し合いが進行中であることを示唆しチエル。

「我々は、商業的権利所有者および統治機関と舞台裏で非常に生産的な議論を行うことができていると思う」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「もちろん、F1エンジンの凍結など、将来のエンジン計画にコミットする前に実施する必要のある重要な要素がいくつかある」

レッドブルが2022年以降にどのメーカーのF1パワーユニットを搭載するかを知ることができるかと質問されたクリスチャン・ホーナーは、最高技術責任者であるエイドリアン・ニューウエイの承認を保留にできる最終期限として、11月末を設定していると語った。

「そのようなことに関しては、エイドリアンが常に最後のなるため、彼は何が最善の選択肢であるかを最後まで粘るだろうが、もちろん、決定する必要があるいくつかの実用的な部分がある」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「エンジン関連のリードタイムは非常に長いので、ホンダのF1プロジェクトを引き継ぐ場合、舞台裏で多くの作業が行われる。実行し、導入する必要がある。実際、11月までにわれわれはポジションを固める必要がある」

「エイドリアンは常にそのようなことで後期のブレーキャーの最後であるため、彼は最良の選択肢が何であるかを差し控えますが、もちろん決定する必要があるいくつかの実用的なことがあります」と彼は言いました。

「エンジン関連のリードタイムは非常に長いので、そのようなプロジェクトを引き受けるとしたら、明らかに実行して実施する必要のある、舞台裏でのかなりの作業があります。本当に今月末までに、我々はポジションを固める必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1