レッドブルF1代表、ピエール・ガスリーを復帰させなかった理由を説明
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ピエール・ガスリーを2021年にレッドブル・レーシングに復帰させなかったのは、アルファタウリ・ホンダで非常に好成績を収めているからだと説明した。

今季、レッドブル・レーシングのドライバーを務めるアレクサンダー・アルボンは期待された収められておらず、シート喪失が噂されているが、レッドブルF1の首脳陣は決してピエール・ガスリーを交代要員としてリストアップすることはなかった。

そして、10月28日(水)にピエール・ガスリーが2021年もアルファタウリ・ホンダに残留することが発表された。

ピエール・ガスリーは、2019年前半にレッドブル・レーシングのドライバーを務めたが、期待された成績を収められずにF1ベルギーGPからアレクサンダー・アルボンと交代するかたちで当時のトロロッソに送り返された。

その後、ピエール・ガスリーは2019年のF1ブラジルGPで2位表彰台、そして、今季はアルファタウリ・ホンダに名前を変えたチームでF1イタリアGPで初優勝を飾るなどいくつか素晴らしいパフォーマンスを示し、自身と評判を再構築した。

クリスチャン・ホーナーは、ピエール・ガスリーをレッドブル・レーシングに復帰させなかったのは、アルファタウリ・ホンダのよりプレッシャーが少ない環境、レッドブル・レーシングよりも運転するのが難しくはないマシンにフィットしているためだと説明した。

ピエール・ガスリーのアルファタウリ・ホンダ残留が発表される前、クリスチャン・ホーナーは「当然ながら、我々は長期間にわたってドライバーに関する多くの情報を持っている」とコメント。

「ピエールは素晴らしい仕事をしている。彼はアルファタウリという環境で非常にいい走りをしている。彼にとってあのマシンは快適であり、あの環境に伴うプレッシャーも少なく、期待も少ないこともあるかもしれない」

「そして、トロロッソでそうであったように、チームとしての彼らの願望は明らかに異なっていると思う」

「したがって、ピエールとアルファタウリ・チームの両方向でうまくフィットしていることは理にかなっている」

ピエール・ガスリーがレッドブル・レーシングで2度目のチャンスを与えられなかった理由をさらに迫られたクリスチャン・ホーナーは、彼はアレクサンダー・アルボンより良い仕事をすることはないだろうと提案した。

「我々の最優先事項は、アレックスにそのシートを主張する機会を与えることだ」とクリスチャン・ホーナーは付け加えた。

「昨年、彼がマシンに飛び乗ったとき、彼は2019年のバランスでピエールを大幅に上回り、アウトパフォームしたことを忘れないでほしい」

「では、もし我々がそれらを元に戻すとし場合、違った結果になるだろうか?」

また、クリスチャン・ホーナーは、ピエール・ガスリー、アレクサンダー・アルボン、そして、その前のダニール・クビアトがチームメイトのマックス・フェルスタッペンのペースに匹敵するのに苦労していた理由についても説明した。

「このマシンはアルファタウリよりも運転が難しいマシンだと思う」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「それは非常に明確だということを我々は知っている。マシンははるかにリアセンシティブだと思うし、それはドライバーにとって不安になる可能性があると思う」

「マックスはそれを信じられないほどうまく処理している。他のドライバーはそれにもっと苦労している。それは事実だと思う」

「アレックスがアルファタウリにいたとしたら、彼はおそらく昨年のピエールと非常によく似た仕事をしていたと思う。それは間違いない」

「それが我々のマシンの特性だ。彼らはコーナーエントリーでコミットするのに苦労している」

「そして、現時点では、ルクレールとベッテルのフェラーリで少しそれを目にしているし、(ポルトガルでは)ハミルトンとボッタスのレースで目にしたと思う。それが現実だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / ピエール・ガスリー / アルファタウリ