レッドブル、ホンダと日本で2021年以降のF1活動継続について議論
F1ブラジルGPでのホンダF1の成功は、ホンダがF1活動を継続し、レッドブル・レーシングとトトロロッソとの現在の契約を延長することへの期待を高めた。

F1ブラジルGPでは、ホンダのF1エンジンを搭載するマックス・フェルスタッペンがポール・トゥ・ウィンで優勝、ピエール・ガスリーが2位表彰台を獲得して、ホンダとしては1991年以来28年ぶりとなる1-2フィニッシュを達成した。

マックス・フェルスタッペンは、ホンダのF1エンジンでハンガリーGPでの初F1ポールポールポジションを獲得し、ブラジルでは2回目のポールポジションとなった。ドイツGPでフェルスタッペンが優勝、ダニエル・クビアトが3位でフィニッシュしてダブル表彰台を獲得している。

それは、ホンダが2015年にF1復帰した後のマクラーレンとの3年間にわたる非常に失望したパートナーシップとはまったくかけ離れている。ホンダは2018年にトロロッソ、そして今年の初めにレッドブルにパワーユニットを供給を開始した。

ホンダの2019年の急速な成功率は、スピードと信頼性が劇的に向上したことのおかげだ。それは予想をはるかに超えており、ホンダの経営陣がF1プロジェクト全体からの撤退を決定するという脅威を回避する可能性がある。

ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は「今シーズン3勝目を挙げたことは、ホンダとレッドブル・レーシングの全員にとって素晴らしい結果です」とコメント。

「マシンとPUパッケージは両チームで非常にうまく機能しました。これは、シーズン最終戦と来年に向けての良い兆候に違いありません」

田辺豊治は、F1ブラジルGPでの成功は、創業者の本田宗一郎の誕生日という重要な日に訪れたことを指摘する。

「この結果が我々たちの未来に良い影響を与えることを願っています」

ホンダF1のトロロッソ担当チーフエンジニアの本橋正充もF1ブラジルGPの結果を喜んでいる。

「これはすべてのハードワークに対する大きな報酬です」と本橋正充は語った。

「本当に言葉を失いました。これはトロロッソとの今年の2回目の表彰台であり、素晴らしい成果です。チャンピオンシップで少なくとも6位を獲得するために非常に強力なポジションに置かれます」

「私たちは過去2シーズンにわたってピエールと仕事をしてきたましたし、ある意味で彼にとって困難な1年だったので、素晴らしい結果になりました。彼とトロロッソの友人たちに感謝します。そして、ダニールもポイントでフィニッシュできたことを忘れないでください。これはチームにとって大きな後押しとなりますが、来年はさらに良くすることを目指していかななければなりません」

そして今、レッドブルとホンダは、新しいレギュレーションや規制がF1の競技と技術の展望を一新する2021年まで関係を拡大したいと考えているよようだ。

De Limburger は、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムートマルコ博士が、契約延長に関する詳細な交渉の最終段階を詰めるためにブラジルから日本に直接飛んだと報じている。

「パドックの情報筋は2021年にエンジンを供給する契約が進行中であることを知っている。ホンダはシーズン最終戦が開催される2週間後のアブダビでニュースを発表したいと考えている」

新しい合意がなければ、ホンダはほぼ確実に2020年シーズンの終わりにスポーツを撤退し、その前に研究開発への投資を大幅に縮小することになる。ホンダがF1から撤退することを早期に発表した場合、2020年にマックス・フェルスタッペンがF1ワールドチャンピオンを獲得するという野望は損なわれてします。

「その場合、ホンダは財布の紐を締め、開発を弱火にするだろう。フェルスタッペンにとっては、2021年に別のチームに移る合図であるかもしれない。ホンダがF1に残るのであれば、その脅威ははるかに少ない」

レッドブルとホンダがパートナーシップを拡大した場合、元ルノーのF1ドライバーでBBCの評論家を務めるジョリオン・パーマーは、2020年にレッドブルとホンダがタイトル候補になる可能性があると予測している。

レッドブルがハイブリッド時代にこれまでできなかったこと、全シーズンと同じ競争力で翌シーズンをスタートすることができれば、フェルスタッペン/レッドブル/ホンダのパッケージは2020年の一大勢力になり得る」とジョリオン・パーマーは語る。
「特にホンダに関しては、本当に喜びを引き起こす瞬間だったに違いない。マクラーレンのドライバーであるフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンが、悲惨な予選の後、ファンの娯楽とホンダへの困惑のためにインテルラゴスの表彰台で皮肉を込めて公然と嘲ったのはほんの4年前のことだ」

「ホンダはアロンソとマクラーレンの時代に泥の中に引きずり込まれたが、昨年トロロッソとチームを組んで以来、そして2019年にレッドブルと戦って以来、彼らのパフォーマンスの改善は非常に大きい」

「ホンダは1-2を獲得しただけでなく、エンジンメーカーにとって最高の方法で2位を獲得した。これは、かつて支配的だったメルセデスの勢力に対する抗争だ」

「規制が2020年まで安定しているため、来シーズン中にレッドブルがタイトル挑戦できるあらゆる可能性があるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1