レッドブル 「2020年はF1史上最もお金のかかる年になる」
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2021年の新しいF1レギュレーションに必要な大規模な開発のためにコストが増加することで、2020年はF1で最もお金のかかる年になると考えている。

2020年は予算上限はまだ施行されないため、大規模な予算を持ったF1チームは、F1の新時代となる2021年に向けて投資をすれば、マシン面で有利なスタートを切ることで得られる利益があることを十分に認識している。

F1の上層部は、2020年に風洞とCFDの制限によってコストが制限されると考えているが、クリスチャン・ホーナーは、それでもまだ投資する価値がある十分に自由の領域があると考えている。

「他の分野での研究開発に費やすことができる無制限で制御できない金額がある」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「私として、以前に言ったスタンスに変わりはない。最初に上限を導入し、1年後に規制を導入した方がよかっただろう。そうすれば予算上限によって支出額がされたからだ」

「来年はF1史上で最もお金のかかる年になりそうだ」」

クリスチャン・ホーナーは、レッドブルにはすでに2021年のレギュレーションに取り組んでいる人員がおり、2020年にはマシンに焦点を当たる2つのグループが必要になる見通しに直面していると語る。

「2021年のレギュレーションが明確になったため、それらのレギュレーションの調査を開始する先進的なチームを作った」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「2種類のレギュレーションで開発し、新しい財務上限が入る前でもあるため、信じられないくらい費用がかかる年になる。2020年は高価でトラック内外で忙しい年になるのは確実だろう」

しかし、来年のコストアップを予想しているのは上位3チームだけではない。ルノーも、2021年が提供する機会を最大限に活用するためにはより多くのお金を投じる必要があると認める。

ルノーのF1チーム代表シリルアビテブールは、2021年は非常に重要になるため、チームは2020年の作業を早期に停止することを余儀なくされる可能性があると述べた。

「すべてのチームが同じ状況に直面していると主張することができるが、特に名前を挙げるつもりはないが、現状に満足しており、我々が2021年にむけて抱いている野望のないチームもある」とシリル・アビテブールはコメント。

「彼らの議題の特定のポイントではないが、私たちにとってはそうだ」

「現在、我々が直接戦っているチームのいくつかよりもはるかに多くを投資しなければならないので、それは挑戦だ。2020年に費やすものに対しても賢明でなければならないが、レーシングポイントは2021年に本当に興味があるだろうか? 確かに彼らは2021年にレースをするが、彼らは2021年が大きな違いをもたらすと期待しているだろうか? 私にはわからない」

「それは我々の戦略だ。野心であり、目的であり、異なる部分だ」

「それは非常に短期的にコース上で影響を与える可能性があり、それは我々が受け入れなければならず、直面する課題だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1