F1 エイドリアン・ニューウェイ ヘルムート・マルコ
エイドリアン・ニューウェイは、ヘルムート・マルコのレッドブルでのドライバー育成を称賛。また単刀直入なヘルムーオ・マルコの発言にい悪気はないと語った。

ヘルムート・マルコは、1971年からBRMから9レースを戦ったが、1972年のF1フランスGPで小石がバイザーを突きぬけて目に直撃したことで視力が低下し、レーシングドライバーとしてキャリアに終止符を打った。

その後、ヘルムート・マルコは1989年にRSM Markoを設立。チームは1999年にレッドブル・ジュニア・チームに名を変え、セバスチャン・ベッテル、ダニエル・リカルド、マックス・フェルスタッペンといったF1ドライバーを輩出。現在、ヘルムート・マルコはレッドブルのF1チームのアドバイザーを務めている。

レッドブルのチーフテクニカルオフィサーを務めるエイドリアン・ニューウェイは、ヘルムート・マルコがチーム全体に及ぼした影響を称賛する。

「それは文化的なものに違いない。私はそれがオーストリア人の特徴であると思います、彼らはより単刀直入に物を言う傾向がある。英語を話す我々は、が人々と話す方法において少し微妙な違いがある」とエイドリアン・ニューウェイはコメント。

「マルコはチームに多くのことを追加している。若い才能が上手くやってくれれば、それは彼にとってさらに嬉しいことだ」

「セバスチャン・ベッテルは彼のプログラムの最初のスターだ。マルコはいつも彼の側にいた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル