マルチ21 F1
レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、F1マレーシアGPで話題となったコード“マルチ21”の意味を明らかにした。

F1マレーシアGPでは、セバスチャン・ベッテルがチームオーダーを無視してマーク・ウェバーをオーバーテイクし、勝利を手にした。

レース後、怒りを露わにしたマーク・ウェバーは、セバスチャン・ベッテル“マルチ21”というコードを口にしていた。

メディアは、“マルチ21”というコードは順位を維持するために“エンジンの回転するを下げ、タイヤを労わる”という意味だと推測していた。

だが、クリスチャン・ホーナーは「マルチ21はカーナンバー2がカーナンバー1の前という意味だ」と説明。

「マルチ12であれば、カーナンバー1がカーナンバー2の前になる」

「難しい置き換えではないが、我々のドライバーは過去のレースで3度このメッセージを理解できなかった。このコードはやめることになると思う。何か他のことを試す必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル