レッドブルF1再昇格を狙うガスリー 「ヘルムート・マルコとの関係は良好」
レッドブルF1での2度目のチャンスを獲得することを目指しているピエール・ガスリーは、モータスポーツアドバイザーのヘルムート・マルコとの関係は良好だと語る。

ピエール・ガスリーは、ヘルムート・マルコの言うことに必ずしも同意するとは限らないことを認めてるが、彼の「非常に単純な」「フィルターなし」のアプローチを高く評価している。

78歳のヘルムート・マルコは、20年以上にわたってレッドブルドライバー開発プログラムを監督しており、2005年にレッドブルがF1を参戦したときにチームの特別顧問になった。

長年にわたり、彼はセバスチャン・ベッテル、ダニエル・リカルド、カルロス・サインツ、マックス・フェルスタッペンといった才能をトップレベルに導き、ピエール・ガスリーもランクを上げてきた。

しかし、いくつかのサクセスストーリーはあったが、一部のドライバーは、ヘルムート・マルコとレッドブルからの高い期待に応えるのに苦労し、シニアチームから降格される、もしくは完全にプログラムからの放出を経験してきた。

ピエール・ガスリー自身、レッドブルのジェッドコースターを経験しており、2019年にレッドブル・レーシングに昇格し、マックス・フェルスタッペンのパートナーを務めたが、12レース後にトロロッソに送り返された。

過去2年半のシーズンでキャリアを再構築したピエール・ガスリーは、レースで勝利を収められる車での別の機会を待っている。最近、ヘルムート・マルコは、レッドブルでの2度目のチャンスがすぐに来るかもしれないことをほのめかしている。

レッドブルF1への復帰の可能性について話をし、ピエール・ガスリーは、現在、ヘルムート・マルコとの関係がどのような進路を取っているかを説明した。

「彼とはうまくやっている」とピエール・ガスリーはRacingNews365.comに語った。

「彼は非常に率直な人で、フィルターがないところが良いと思う。彼の言うことに常に同意するという意味ではないけど、彼がいつも彼の意見と彼の考えを言ってくれることには本当に感謝しているし、尊敬している」

「自分がどこに向かっているのかを正確に知っているので、彼と話す時間を無駄にすることはない。本当に感謝している」

ピエール・ガスリーのこれまでのF1キャリアにおけるもう一人の重要な人物は、スクーデリア・アルファタウリの現在のチームボスであるフランツトストであり、彼らの関係も直接的な方法で始まっが。

「僕が始めたときからそれは大きく進化した」とピエール・ガスリーはコメントした。

「F1での最初の5レースの後、2017年のクリスマスにファエンツァの彼のオフィスで彼とミーティングをしたことを覚えている。基本的には、僕はオフシーズンを楽しむことはできな言われた。 F1について24時間年中無休で考えなければならないとね!

「彼との非常に深い会話だった。彼が非常に献身的で専念していることがわかった。僕はそこが好きだ」

それ以来、ピエール・ガスリーによれば、彼らの関係は繁栄してきた。

「その後、僕たちはお互いについて、もう少し発見し、学んでいった。どのように働けばいいか、自分が必要とする自由などについてね。僕は自分のスペースが必要なので、僕は自分自身である必要がある。そして、彼が必要とするもの、彼が求めるものについてね」とピエール・ガスリーは語った。

「結局のところ、僕たち二人は同じ目標を持っている。僕たちは二人ともトップに立ち、チームのすべてのメンバーを前進させたいと思っている」

「今、僕たちは良いビジョンと絆を持っていると思う。彼と一緒に働くことを本当に楽しんでいる」

ピエール・ガスリーの将来について、レッドブルが2023年にどのような決定をするかについての質問がペースを上げているが、ガスリーはアルファタウリとの3年連続のシーズン中にチームに提供できることに完全に集中していると語る。

「ドライバーとしてのアプローチと考え方は、常に持っている車でベストを尽くすことだと思っている」とピエール・ガスリーは語った。

「本当に一生懸命働くことが重要だと思う。自分の最高のバージョンであり、最高のドライバーになるために、一生懸命働いている」

「それを示すための適切なツールを入手することも重要だ。僕の目標はレースに勝つことだ。レースに勝つには、レースに勝つことができる車が必要だ」

「今のところ、僕の頭は今持っている車を最大限に活用しようとしている。それが今後数年間で起こることを変えるものだからね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / アルファタウリ