ピエール・ガスリー 「レッドブルF1の降格で破壊されたドライバーもいる」
ピエール・ガスリーは、レッドブル・レーシングからの降格がドライバーとしての彼を“破壊”することを自分の性格が拒否したと語った。

ピエール・ガスリーは、2019年にマックス・フェルスタッペンのチームメイトとして初めてトップチームでのビックチャンスが与えられたが、レッドブル・レーシングでそのチャンスを活かすことができなかった。

シーズン序盤に期待された成績を残せなかったピエール・ガスリーは、当時トロロッソとして知られていたチームに降格され、代わりにアレクサンダー・アルボンが交代でレッドブル・レーシングに昇格した。

しかし、現在アルファタウリを名乗るファエンツァのチームに戻ったピエール・ガスリーは、そこで速さを見せた。昨年のF1イタリアGPでの忘れられない勝利を含め3回のF1表彰台を獲得している。

だが、25歳のピエール・ガスリーは、レッドブル・レーシングの失敗の打撃により、F1キャリアが急落下に陥った可能性があることを認める。

「それにとって破壊された人もいるかもしれない」とピエール・ガスリーは Guardian に語った。

「でも、僕はあきらめなかったし、それに破壊されることはなかった。どちらかといえば、それは僕私を強くした。

「自分自身について何を改善できるかを理解し、より良くなるためには、困難な時期を経験する必要がある」

「人生は非常に厳しく、ある意味の不公平になる可能性がある。でも、仕方ないことだ」

「特にそういった気にする人は、何日または何年かかるかわからない。だから、一瞬一瞬を楽しむことが重要だ」

最後の引用は、2019年8月にスパでF2の事故で死亡したガスリーの友人アントワーヌユベールへの言及だった。それは、ピエール・ガスリーがレッドブル・レーシングからの降格を退所していたちょうどその時に起こった。

「僕たちには予測できないことがたくさんあり、制御できないことがたくさんあることに気づいた」とピエール・ガスリーは語った。

「僕は一緒のコントロールフリークだ。自分の人生、クルマ、パフォーマンスのすべてをコントロールしたいけど、予測できない外的要因があるし、それが人生の美しさだ。これから起こることすべてを知ることはできない」

「あらゆる瞬間、あらゆる機会を楽しむように僕のアプローチを変えた。それは人生を知覚する方法だ」

また、ピエール・ガスリーは、F1ドライバーも他のスポーツ選手と同じように感情的な「浮き沈み」を経験する人間であることを強調した。

「僕はワールドチャンピオンを獲得するという目標を決してあきらめない人だけど、動物園に行くような人々に、僕たちが檻の中のライオンではないことを理解してもらうことが重要な場合がある」とピエール・ガスリーは付け加えた。

「僕たちはアスリートとして存在しているけど、その背後にいるのは人間だ。」

「人々は僕たちも感情を感じていることを理解できないでいる。僕たちにも浮き沈みがある」

「成功したかどうかは関係ない。テニスでメンタルヘルスの問題を抱えた大坂なおみを目にした」

「外の人々はドライバーとして見ていて、それが頭を通り抜ける唯一のものであると思う。でも、個人的な生活、気持ち、感情がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / アルファタウリ